お役立ちコラム

高齢者の介護の現場では、さまざまな専門用語を耳にすることも多いのではないでしょうか。高齢者の健康を守るためには、介護だけでなく医療に関する基礎知識も求められます。また、介護サービスの利用に大きく関わっているのが介護保険です。

こちらの記事では、高齢者の介護に携わる方に向け「これだけ覚えておけば大丈夫」という介護によく出る専門用語について解説します。

介護施設・サービス用語一覧

高齢者が利用する介護施設は、介護度や生活スタイルによってさまざまに分類されます。施設によってサービス内容も異なるため、それぞれの違いを覚えておきましょう。

訪問介護

訪問介護員が利用者の居宅を訪問し、掃除や調理といった生活援助や身体介護を行う介護サービスです。利用者本人や家族と関わることも多く、より身近な立場で高齢者の生活を支える仕事になります。

通所介護・通所リハビリテーション

利用者が日中に通い、食事や入浴といった介護サービスを利用する施設です。特に身体機能維持・改善のためにリハビリを提供する施設は、通所リハビリテーションと呼ばれます。

有料老人ホーム

高齢者が入居し、食事や家事援助、介護や健康管理といったサービスを利用する施設です。「介護付」「住宅型」「健康型」3つのタイプに分かれており、介護度や目的によって入居先を選ぶことができます。

介護老人保健施設(老健)

介護保険が適用される、公的な施設です。長期入院後、家庭に戻るまでの間に利用されることが多いため、リハビリを行うスタッフが常勤しています。介護・看護のほか、医師によるサポートも受けられます。

特別養護老人ホーム(特養)

介護労働福祉施設とも呼ばれる、介護保険施設です。在宅生活が困難になった要介護3以上(特例として要介護1または2も可)の高齢者が入居対象となります。有料老人ホームに比べ低価格で利用できるのがメリットですが、地域によっては入居まで時間がかかる場合もあります。

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

主に民間事業者が運営する、バリアフリー対応の賃貸住宅です。入居者は自立度の高い方が多く、介護が必要な場合は外部サービスとの契約が必要になります。サ高住内には生活相談員が常駐しており、安否確認のほか生活支援サービスを利用できます。

グループホーム

認知症高齢者の介護を専門とした、小規模入所施設です。「認知症対応型老人共同生活援助施設」とも呼ばれ、高齢者は最大9人のグループの中で共同生活を送ります。介護保険の「地域密着型サービス」に分類されており、高齢者が住み慣れた土地で自立して生活することを目標としています。

ユニットケア

10人以下の少人数グループをひとつの生活単位とし、高齢者一人ひとりに合わせたケアを提供する介護スタイルです。大規模施設でも家庭的な雰囲気のなかで過ごせるよう、特別養護老人ホームなどで取り入れられています。居室は全個室でプライバシーが確保されているのが特徴です。

介護現場で働くスタッフ一覧

介護サービスは、福祉と医療、地域との連携によって提供されています。そのため、介護現場では、介護スタッフ以外にもさまざまな業種のスタッフが活躍しています。

介護福祉士

介護資格のなかで唯一となる国家資格です。介護の専門知識と技術をいかし、利用者の心身に応じた介護を行います。また、現場では他の介護士に対する教育や指導など、リーダー的役割を担うことも多いスタッフです。

介護支援専門員(ケアマネ)

介護保険サービスを利用するために必要なケアプラン(サービス計画書)の作成を担うスタッフです。ケアマネジャーとも呼ばれ、介護サービスを提供する事業所と高齢者の調整も行います。活動の場は幅広く、事業所や施設、自治体の地域包括支援センターのほか、民間企業に勤める場合もあります。

PT・OT・ST

高齢者の身体機能維持や回復のための、リハビリを行うスタッフです。PTは理学療法士、OTは作業療法士を指します。また、STは言語や音声、嚥下にかかわる言語聴覚士を意味しています。

生活相談員

施設や事業所に勤務し、相談業務や調整業務を担います。利用者の利用開始や中止に関する業務のほか、家族への相談援助や他施設との連絡調整など、仕事内容は実にさまざまです。施設や事業所によっては、介護スタッフとして仕事を務める場合もあります。

ソーシャルワーカー

病気やケガ、障がいを持つ方とその家族に対し、相談援助を行うスタッフです。国家資格である社会福祉士や精神保健福祉士の総称となります。介護施設では生活相談員や支援相談員として、施設の窓口的な役割を担います。

福祉用具専門相談員

福祉用具に関するアドバイスを専門に行うスタッフです。福祉用具を選択する際のアドバイスだけでなく、定期的な見直しも行います。介護保険制度における福祉用具貸与事業を行う事業所には、2名以上の配置が義務付けられています。

書類作成・介護保険にまつわる専門用語

介護サービスを利用するためには、市区町村の窓口へ申請した後、いくつかの段階を経る必要があります。介護業務にあたる上でも必要となるため、書類の作成や介護保険にまつわる専門用語を覚えておきましょう。

地域包括支援センター

市町村が設置主体となり、住民の健康や生活の安定のために必要な援助を行う施設です。保健師や社会福祉士、主任介護支援専門員などが配置されています。高齢者本人だけでなく、家族や近隣の方の相談も受け付ける、総合相談窓口の役割を担っています。

ケアプラン

介護サービスをどのように利用するかを決めた介護計画書です。利用者本人や家族、事業所と相談を重ねながら、介護支援専門員(ケアマネジャー)が作成します。ケアプランには長期目標と短期目標が設定され、定期的な見直しが行われます。

アセスメント

介護サービスを提供するためには、利用者が抱える課題や希望を正しく把握する必要があります。アセスメントは、利用者の課題分析をするために行う介護過程の第一段階です。介護アセスメントはケアマネジャーが担当することが多く、作成したアセスメントシートは介護や看護スタッフで共有されます。

カンファレンス

会議・協議を意味するカンファレンスは、介護の現場では、医師やケアマネジャー、介護スタッフが集まって行う会議を指します。ケアプランの更新時には利用者本人や家族が参加し、介護サービスが適切に提供されているか、見直し点がないかを検討します。

介護保険制度

介護を社会全体で支えることを目的に、2000年に創設された制度です。介護保険の被保険者は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳から64歳までの第2号被保険者(医療保険加入者)に分かれます。第1号被保険者は要介護または要支援状態になった時、第2号被保険者は、要介護(要支援)状態が老化に起因する疾病による場合に介護保険を利用できます。

要介護認定

介護保険サービスを利用したい方に対し、介護を要する状態がどの程度であるかを判定するものです。要介護認定の結果には「自立」「要支援」「要介護」の3種類があり、それぞれ利用できるサービス内容は異なります。

介護認定審査会

市区町村の担当者による聞き取り調査や主治医意見書などの1次判定の結果をもとに、要介護度を審査・判定する機関です。保険・医療・福祉の専門家で構成され、要介護度を公平かつ公正に審査するよう考慮されています。

介護現場で役立つ医療用語

高齢者の健康を管理する介護現場では、医療に関する知識も必要となります。医療スタッフとスムーズに連携を図るためにも、基礎的な医療用語に関する知識を身につけておきましょう。

インスリン

血糖を一定の範囲内におさめる役割を担う、すい臓から分泌されるホルモンです。糖尿病になるとインスリンの働きが悪くなり、通常より血糖値が高くなってしまいます。外部治療のひとつとして、インスリン注射が必要な場合もあります。

嘔気・嘔吐

嘔気(おうき)は、胃の中にあるものを吐き出したいという不快感を意味します。また、嘔吐(おうと)は井の中の内容物が外に吐き出された状態です。介護の現場では、カルテ記入や伝達の際に嘔気・嘔吐といった用語が使用されます。

悪寒(おかん)

発熱の初期に起こる、病的な寒気を指します。風邪やウイルス性感染症の場合には、くしゃみやのどの痛み、頭痛とともに悪寒が発生し、高熱へつながる場合があります。悪寒だけでなく、歯がガチガチと鳴ったり体の震えが止まらないといった症状をともなう場合は、悪寒戦慄(おかんせんりつ)と呼ばれます。

喀痰吸引(かくたんきゅういん)

介護現場で必要とされることが多い医療ケアです。たんや唾液、鼻汁を機械で吸引することを意味します。かつては医師・看護師のみが行えるケアでしたが、2015年度から喀痰吸引等研修を修了することで、介護職員も実施できるようになりました。

感情失禁

感情の調整がうまくいかなくなる情緒障害です。些細なことで過度に喜んだり泣いたりするほか、自分の思いと異なる感情が表出する場合もあります。脳血管障害の後に起こることが多く、脳血管性認知症やアルツハイマーの症状のひとつといわれています。

経管栄養

チューブやカテーテルを使い、胃や腸に直接栄養を注入する医療的ケアです。「胃ろう」「腸ろう」「経鼻経管栄養」など、身体状態や周囲の環境に応じた方法がとられます。喀痰吸引と同じく、介護スタッフが経管栄養を実施する場合には喀痰吸引等研修を修了する必要があります。

血糖測定

インスリン注射を行う際には、事前に測定器によって血糖値を測定する必要があります。介護スタッフには、インスリンの自己注射のサポートとして、血糖値測定に使用する器具の準備や声掛け、数値のチェックなどが認められています。

見当識障害(けんとうしきしょうがい)

時間や場所、人が分からなくなる、認知症の中核症状のひとつです。アルツハイマー型認知症では、初期からみられる症状になります。認知症により脳の細胞が失われ働きが低下することで起こり、時間・場所・人物の順で進行していきます。

拘縮(こうしゅく)

麻痺による筋肉の萎縮や寝たきりの期間が続くことで、関節が正常に動かなくなった状態です。腕や足の関節に拘縮がみられるようになると、更衣やおむつ交換の際に困難が生じます。しかし、無理に動かそうとすると利用者の痛みやケガにつながるため、介護の際はじゅうぶんな配慮が必要です。

高次脳機能障害

脳の損傷が原因で、言語・記憶・注意・情緒といった認知機能が低下する障害です。発症理由の8割を脳卒中が占め、失語症が最も多い症状としてあげられます。外見上は障害が分かりづらく、認知症と間違われることもあります。

誤嚥性肺炎

食べ物や唾液が気道内に入る誤嚥(ごえん)によって発症する肺炎です。食べ物を飲み込む機能が低下した高齢者に起こりやすく、70歳以上の肺炎の約80%が誤嚥性肺炎だといわれています。特に、認知症や寝たきりの方は口腔内の清潔が保たれていないことも多く、肺炎の原因となる細菌が繁殖し、誤嚥した際のリスクが高まる傾向にあります。

失禁

自分の意思と関係なく、尿や便が漏れてしまう症状です。女性の場合は骨盤底の筋肉群の機能低下、男性の場合は加齢による前立腺肥大などが尿失禁の原因となります。その他、認知症患者の場合には、トイレの場所や排せつ行為が認識できないことが、尿失禁や便失禁へとつながります。

失語症

「聴く」「話す」「読む」「書く」といった、言語機能にかかわる分野に障害がおこる病気です。原因の約9割は、脳卒中の後遺症だといわれています。発症後できるだけ早期にリハビリを開始し、周囲とのコミュニケーションを取りやすくすることが、回復のための重要なポイントです。

褥瘡(床ずれ)

長時間寝たきりの状態が続くことで血流が滞り、皮膚の一部がただれたり傷ができたりする症状です。褥瘡(じょくそう)または床ずれとも呼ばれます。仙骨部やかかと、膝といった骨が付きだした部位に発生しやすく、褥瘡の可能性がある場合は早期に治療する必要があります。

人工肛門(オストメイト)

手術によって作られた便の排泄の出口です。人工肛門を造設した方は「オストメイト」と呼ばれます。排泄物は装着したパウチに溜まるため、定期的な交換・管理が必要です。介護現場では、平成23年より介護スタッフもパウチの交換を行えるようになりました。

せん妄

高齢者に起こりやすい意識障害のひとつです。時間や場所が分からないといった見当識障害や物忘れ、つじつまの合わない話をするといった症状が突然現れます。加齢による脳の機能低下のほか、過度なストレスや環境の変化が原因になると考えられています。

摘便

自然排便ができない場合に、肛門に指を挿入し、直接便を摘出する医療的ケアです。肛門周辺に病変があったり、炎症性疾患や出血がある場合には適応されません。医療行為にあたるため、介護現場では介護スタッフではなく看護師が行います。

尿バルーン

尿道から膀胱に管を挿入し、尿を排出する方法です。尿道カテーテルとも呼ばれ、排尿障害があったり、寝たきりでトイレに行くことが困難な場合に使用されます。カテーテルの挿入は医療的ケアのため、介護現場では医師や看護師が対応します。

認知症

脳の神経細胞が壊れることで起こる、日常生活に支障をきたす症状や状態の総称です。全体の約半数を占める「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「血管性認知症」が三大認知症と呼ばれています。いずれも進行するにつれ、理解力や判断力が低下し、日常生活に困難が生じます。

徘徊

屋内だけでなく、屋外を歩き回る認知症の症状のひとつです。自分の居場所や時間が分からなくなる見当識障害や、現状を忘れてしまう記憶障害が原因と考えられています。身元不明になったり事故にあったりするリスクも高く、在宅介護の現場では特に注意が必要な症状です。

浮腫(ふしゅ)

皮膚組織の下に水がたまった状態を指します。医学的には浮腫(ふしゅ)と呼びますが、「むくみ」といわれるのが一般的です。高齢者の場合は、加齢による臓器の機能低下や疾患が浮腫の原因となることもあります。そのため、介護の現場でも浮腫の発生には日頃から注意が必要です。

ろう便

認知症の進行によって起こる症状で、自分の便をいじったり、体や寝具、壁などに擦り付ける行為です。おむつの不快感や自分で便を片付けたいという気持ち、失禁に対する羞恥心などがろう便を引き起こす原因です。在宅介護の現場では介護者のストレスの要因となるため、ケアマネジャーに相談し、外部施設を利用するのも効果的です。

実践で役立つ介護の専門用語一覧

実際の介護現場では、さまざまな専門用語が使用されます。利用者の健康と安全を守るためにも、介護にあたる際は基本的な専門用語について学んでおきましょう。

ADL

「日常生活動作」と直訳されるADLは、通常の生活を送るために必要な基本的動作を表す言葉です。起床・就寝・着替え・食事・排泄・入浴といった「身の回りの動作」のほか、屋内や外出時の「移動動作」、家事や交通機関の利用といった「生活関連動作」の3つに分類されます。ADLはFIMと呼ばれる方法によって評価され、必要な介護サービスを決定する指標のひとつとなっています。

異食

食べ物ではないものを口に入れたり、飲み込んだりしてしまう認知症行動のひとつです。主に認知症の中期以降にみられる症状となります。判断力の低下のほか、不安やストレスが大きな要因になるといわれおり、危険物を飲み込んだ場合は緊急的な処置が必要です。

移乗

ベッドから車いす、車いすから便座などに乗り移ることを意味します。介護の現場のさまざまなシーンで必要となる、身体介護の基本ともいえる動作です。安心安全に移乗するためには、介助する側とされる側の身体を近づけたり重心を低く落としたりするなど「ボディメカニクス」を活用するのがポイント。介助される側の負担を軽減し、介助者の腰痛予防にもつながります。

一般浴・機械浴

一般浴は、自立歩行できる方や手すりで歩ける方が利用する共同浴場です。介助者は安全に入浴できるようにサポートするほか、利用者ができない場合のみ洗髪や洗身を行います。機械浴は、寝たまま入浴するストレッチャータイプとシャワーチェアを利用するタイプに分かれます。いずれも利用者の健康と安全を第一に、希望に沿ったケアを行うことが重要です。

陰部洗浄

入浴ができない時やおむつ交換時に、陰部を洗い流すケアです。不衛生にしていると肌トラブルの要因となるため、清潔を保つことが目的となります。陰部洗浄用のシャワーボトルや低刺激の洗浄料を使用し、洗浄後は皮膚を保湿するように心がけましょう。

嚥下

口内で咀嚼した食べ物を飲み込み、胃に運ばれるまでの一連の動作です。飲み込む動作がうまくできない状態は、嚥下障害と呼ばれます。嚥下がうまくいかなくなると低栄養や誤嚥性肺炎の原因にもなるため、必要に応じて嚥下機能回復のためのリハビリや食事内容の改善が行われます。

患側(かんそく)・健側(けんそく)

麻痺や障がいなどを負った体の不自由な側を患側(かんそく)、健康な側を健側(けんそく)と呼びます。片麻痺のある方の歩行介助では、患側側に立つのが基本です。また、更衣の介助の基本が「脱健着患」(だけんちゃっかん)。利用者に負担をかけないため、衣服を脱ぐときは健側から、着るときは患側からと覚えておきましょう。

QOL

QOL(Quality of Life)は、人生の質や生活の質を意味する言葉です。生活の質は健康や経済状況、周囲との人間関係などさまざまな要因によって保たれます。その基準は一人ひとり異なるため、介護の現場では利用者のニーズに沿ったケアが求められます。

口腔ケア

歯磨きや入れ歯洗浄などで口腔内の清潔を保ち、体全体の健康へとつなげるケアです。口腔機能の低下は、食事をおいしく食べられない原因となります。栄養不足の状態が続けば、運動機能の低下や認知症の進行などにもつながる可能性があるのです。そのため、介護の現場では利用者の状態を確認しながら、適切な口腔ケアが行われます。

座位・立位

座位とは、上半身を90℃またはそれに近い状態に起こして座った状態です。立位は両足を地面につけ、立った姿を意味します。いずれも体が倒れないように姿勢を維持する必要があるため、さまざまな身体機能を刺激するといわれています。また、人が寝ている状態は臥位(がい)と呼び、向きによって以下のように分けられます。

側臥位

横を向いて寝た状態です。片麻痺のある方の場合は、患側側を上にするのが基本となります。

仰臥位

あおむけになって寝た状態です。もっとも安定した状態ですが、長時間の仰臥位は褥瘡(床ずれ)の原因にもなります。

腹臥位

うつ伏せに寝た状態を指します。仰臥位と同じく安定した状態ですが、呼吸を圧迫する可能性もあります。

清拭

病気やケガなどで入浴ができない場合に、温かいタオルで体を拭くケアです。体を清潔に保つほか、血液循環の促進や、リラックス効果をもたらす目的があります。全身を拭く全身清拭は介助者や利用者の負担も大きいため、数日に分けて部分清拭を行う場合もあります。

ターミナルケア

ターミナルケアは、人生の最期を満足して迎えることを目的としたケアです。終末期医療とも呼ばれ、治療による延命よりも苦痛や不快感を緩和し、残された生活の充実を優先します。近年はターミナルケアを実施する介護施設も増えており、医療機関と24時間体制の連携を図りながら、利用者と家族の希望に沿ったケアを行います。

まとめ

高齢者の生活を支える介護の現場では、医療に関する知識も求められます。他業種と連携を図りながら介護サービスを提供するためには、それぞれの専門分野について知っておくことも大切です。介護に必要な用語について学び専門性を高め、日々のケアに活かしていきましょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長