スタッフブログ

認知症診断「長谷川式」の開発者 長谷川和夫さん

 認知症を公表されて、認知症とともに生きてこられた現在の様子が、新聞に載っていました。認知症診断のための検査に広く用いられる「長谷川式」は介護に携わる方なら誰でもご存じのことと思いますが、これを開発された長谷川さんは、現在認知症とともに過ごされています。

ご家族のケアもさることながら、ご本人のとらえ方がすごい。

『心臓の病気もあるから、その不安をやわらげるために認知症にしてくれたんじゃないか』

自分がもし認知症と診断をうけたら、こんな考え方に到達できるでしょうか。

認知症は、周りの接し方次第で、治りはしなくても、その進行を遅らせることはできるといわれています。ALIで、住んでる皆さんと関わる時間が長い私たち職員も、そのあたりの意識をしていかなければならないな、と改めて思いました。

最後に、心に残った長谷川さんの言葉を一つ。

「いずれにしても、生きている今が花で、過去ではなく今を生きることが大切。明日やることはちょっとでも今日手をつける。そんな心がけで生きようと思います。」

 

長谷川さんの生き方、心に刻んで今日からまた頑張ります

カテゴリー:未設定

 2019年10月 
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RSSRSS

ご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたりご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたり

あなぶきの介護 スタッフ募集中あなぶきの介護 スタッフ募集中