長崎県の介護施設・高齢者住宅・有料老人ホーム

長崎県長崎市の地域情報

長崎県長崎市は、九州の北西部に位置する都市です。長崎県の県庁所在地であり、中核都市として指定を受けています。古くから外国への玄関口として機能してきた港湾都市であり、江戸時代には国内唯一の貿易港を持ちさまざまな国の文化を取り入れてきました。すり鉢状になった地形から坂や階段が多く、異国情緒に満ちた独特な景観が有名となっています。
長崎県長崎市は県下最大の人口を有する長崎県の中核都市であり、登録人口は2014年10月の時点でおよそ43万人です。そのうち65歳以上の高齢者の人口はおよそ12万人であり、長崎市の全人口の約28%を高齢者が占めていることになります。長崎市では年々総人口が減少している反面、高齢者人口は増加しており、少子高齢化が著しいものとなっています。今後も少子高齢化問題は大きな課題となるとみられており、長崎市は対応を迫られています。
そんな長崎県長崎市では、高齢者のためのさまざまな福祉計画や事業に取り組んでいます。長崎市独自の取り組みとしては、在宅で寝たきり状態にある高齢者の寝具を無料で洗濯・乾燥する「寝具洗濯乾燥サービス」や、各観光施設の入場が無料になる「高齢者いきいきカード(老人福祉カード)」の交付などが挙げられます。自立生活が可能な方から要介護の方まで、快適に日常生活が送れるような積極的な支援計画が進められています。このように、長崎県長崎市の高齢福祉の取り組みは比較的充実しており、高齢者も暮らしやすい地域といえるでしょう。

長崎県長崎市の有料老人ホーム

少子高齢化が進む長崎県長崎市には、多くの介護施設があります。早くから対策が進められてきた結果、長崎市内には特別養護老人ホームやデイサービス、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などさまざまな高齢者向け介護施設が公営・民営問わず開設されています。人口の多い都心部である長崎市は特に施設の数が多く、長崎市内で介護施設を探すことはそれほど難しいことではありません。しかし、山間部や離島など一部の地域ではあまり介護施設は充実しておらず、特に離島に暮らす方が介護施設に入居する場合は、住み慣れた土地を離れることになってしまいます。
高齢者向け介護施設には、特別養護老人ホームやデイサービス、介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などさまざまな種類があります。その中でも長崎市では、特別養護老人ホームや介護療養型医療施設など、要介護度の比較的高い方が入居する介護施設が充実しています。反面、グループホームやサービス付き高齢者住宅などは他県より少ない傾向にあり、これは「一家だんらんを大切にしたい」と考える長崎県の県民性が影響していると考えられます。
サービス付き高齢者住宅とは、介護や医療と連携したサービスを受けられる高齢者向け住宅です。自立生活が可能な方は、自宅で暮らすのと同じような生活を送ることができ、要介護の方は訪問介護やデイサービスなど、必要な介護サービスを受けることができます。サービス付き高齢者住宅には一般的に、個室となっている居室を始め、共同のリビングや食堂、浴室などが備えられています。施設によっては居宅介護支援事業所が併設されており、24時間介護スタッフが常駐して生活を見守ります。万が一体調が急変した際には、すみやかに医療機関と連携が取れるため、健康状態に不安を持っている方でも安心して生活を送ることができます。
健康状態や家庭環境によって、適切な介護施設は異なります。施設選びの際には、施設の種類などを調べた上で、どのようなサービスが必要か、予算はどの程度などをしっかりと考えて検討することをおすすめします。

介護施設・高齢者住宅・有料老人ホームが1件あります。

長崎サービス付き高齢者向け住宅

アルファリビング長崎諏訪の杜

市役所通り沿い、諏訪神社から徒歩3分

アルファリビング長崎諏訪の杜

  • 朝昼夕食あり
  • 看護師(日勤)
  • デイサービス
  • ケアプラン
  • 訪問介護
  • 生活支援
開設日 平成28年8月
所在地 〒850-0028 長崎県長崎市勝山町41
月額利用料 162,000円~(税込価格)
前払い家賃 Aタイプ(1人部屋)1,260,000円、Bタイプ(2人部屋)2,520,000円(償却期間:60カ月)
総戸数・定員 62室(2人部屋4室)66名
空室状況 1人部屋: 0室 2人部屋: 1室

(更新日:2016/11/01)

施設の詳細ページへ

各エリアの施設一覧ページへ