スタッフブログ

2013年8月13日

お盆

皆さんこんにちは、今日からお盆ですね。

 

 

ところで、『お盆』とは? 少し調べたのでお話します。

 

まず、『お盆』とは、『盂蘭盆会(うらぼんえ)』の略です。

 

仏教において、盂蘭盆会という言葉は本来「逆さ吊り」とという意味があり、

「逆さ吊りを受けているように苦しんでいる人を救う法要」

がお盆の始まりと言われています。

そこから、現代では

「家に帰ってきた先祖の霊をおもてなしする」

という意味で「お盆」という言葉が一般的に使われています。

そして、迎え火(13日)と送り火(16日)は、ご先祖様の霊のために行うものになります。

(日にちは地方・風習によって異なります)

迎え火は、

「ご先祖様がお墓から家に帰ってくる際、迷わない」

ように行うものです。

家の門口に苧殻(おがら)を焚いたり、盆提灯を掲げたり…地域によって色々です。

一緒に、お野菜(きゅうり、なす)でつくったを飾ることもあります。

 

「家に帰ってくる時は足の速い馬で来て、

 帰りは牛に乗ってゆっくりと戻っていく」

(この意味合いも地方によってことなります、牛は荷物を乗せるため等・・・)

 

送り火は、

「ご先祖様をお墓に送り帰すとき、道に迷わないようにするため」

に行われます。

送り火は、迎え火と同様に 家の門口で行われるものもありますが、

一般的には京都の『大文字』のように大きな行事として行われているものが有名です。

もう一方で「海の送り火」として有名な行事に、灯篭(とうろう)やお盆のお供え物を川に流す

「灯篭流し」があります。地方によって「精霊(しょうろう)流し」とも呼ばれているようです。

 ここまで長々とお付き合い頂きありがとうございます。

参考になりましたでしょうか、

話は変わりますが、アルファリビング鹿児島上之園(開発準備室)ではお盆期間も休まずに!

皆様からのお問い合わせ、ご来場お待ちしておりますね。

 

 

 

 

 

この記事のURL カテゴリー:2013年8月

 2013年8月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー

RSSRSS

ご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたりご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたり

あなぶきの介護 スタッフ募集中あなぶきの介護 スタッフ募集中