スタッフブログ

アルファリビング高松駅前における 新型コロナウイルスについてご報告

当ブログを拝見頂く皆様へ

ご報告 

 

アルファリビング高松駅前の谷本です。

住宅型有料老人ホーム アルファリビング高松駅前 において発生した新型コロナウイルス感染症の件で、ご心配とご迷惑をお掛けしております。

 

2月7日、当施設従業員の1名から新型コロナウィルスの感染を確認し7日が経過しました。

 

2月8日、当施設に保健所が入りPCR検査を実施。

結果は

・ご入居者15名

・従業員2名

計17名とも陰性でした。 

 

保健所によるPCR検査を受けた従業員2名は、感染者との濃厚接触者となる為14日間の自宅待機に入っております。

その他の従業員は、濃厚接触にはあたらないものの、最善の判断をするため 会社主導で、全従業員のPCR検査を実施しました。

その結果も全員、新型コロナウイルスは「検出されず」の通知でした。

 

今までの対応として 

・当施設ご入居の皆様の安全を確保する為、2月7日(日)より全てのご入居者様を居室でお過ごし頂くよう案内。

・食事も居室へ配膳、使い捨て食器を使用することで、接触感染リスクも大きく減らしております。

・従業員による毎日の共有部消毒。

・お客様の居室も消毒清掃実施。

・入浴できていないお客様に、熱く絞ったタオルをお渡しし、お体を拭く支援を行う。

・専門の清掃業者による「全館消毒作業」と「共有部の光触媒コーティング」の施工も実施しました。

未だ気は抜けませんが、終息に向けて一歩ずつ前進していると実感しております。 

 

2月13日(土)現時点、

ご入居されている皆様からは発熱や新型コロナウイルスの症状は出ておらず、

自宅待機中の従業員からも症状は出ておりません。

 

今も保健所指導の下、感染症対策を継続しておりますが

新型コロナウイルスの最大潜伏期間とされる14日間 症状発症者が出なければ、当施設において「新型コロナウイルスは終息した。」と言えると思っております。

 

2月21日より 通常運営に戻れるよう、これからも従業員一同最善の対策を講じて参ります。

 

アルファリビング高松駅前

施設長 谷本周治

 

カテゴリー:未設定

 2021年4月 
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリー

RSSRSS

ご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたりご入居者様エピソード アルファリビングのスタッフが語る介護の現場のものがたり

あなぶきの介護 スタッフ募集中あなぶきの介護 スタッフ募集中