スタッフブログ

2020年4月

新型コロナウィルス感染症発生についてのご報告

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」にご入居中のお客様1名と、同施設勤務の介護職員1名が新型コロナウィルスに感染していることが判明致しました。

 

入居者の方は新型コロナウィルス感染者が複数名発生した松山市内での通夜・葬儀(3月22日・23日)に参加されておられました。3月30日に保健所にてPCR検査の結果、新型コロナウィルス陽性と判明いたしました。直ちに保健所の指導のもと施設内消毒を実施、濃厚接触者の特定を行っているところです。4月2日より随時、同施設職員へのPCR検査を実施しており、4月2日に検査実施した職員のうち1名が新型コロナウィルス陽性と判明いたしました。なお、4月2日時点で陽性の職員を除く同施設職員の健康状態に問題がないことが確認できており、入居者の方々へもより細やかな健康確認・観察に努めております。

 

当社では、施設内の消毒と感染対策をより強化するとともに、ご入居者ご家族及び関係機関に連絡し、状況説明と面会禁止・外出制限等のご協力をお願いしています。今後も、行政機関および保健所と連携して感染拡大防止のために最大限の対策を講じてまいります。また、併設「アルファデイサービスセンター南江戸」は安全が確認できるまでの間、休止いたします。ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。

 

なお、今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

 

以上

あなぶきメディカルケア ホームページはこちらから

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」にご入居中のお客様1名と、同施設勤務の職員26名(※)のPCR検査の結果、全員が新型コロナウィルス陰性となりましたことをご報告いたします。

43日にご報告した、陽性判定のご入居者1名と同施設職員1名を除く

同施設における濃厚接触者全員の新型コロナウィルス陰性が確認されましたが、現在も健康観察期間であるため、行政機関および保健所と連携して感染対策を強化しております。同施設職員の健康状態に問題がないことは確認できており、入居者の方々へもより細やかな健康確認・観察に努めております。また、引き続きご入居者とご家族に面会禁止・外出制限等のご協力をお願いしております。ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

 以上

あなぶきメディカルケア ホームページはこちらから

 

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020416

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」に勤務の職員2名が、新たに新型コロナウィルス陽性となりましたことをご報告いたします。1名は48日から自宅待機しており、414に陽性判定、1名は47日から自宅待機しており415日に陽性判定が出ました。

 

●経緯

42日に職員1名が新型コロナウィルス陽性判定となり、翌43日に、保健所から濃厚接触者(同施設の全職員)を即日自宅待機させるよう要請を受けました。この要請は、高齢入居者への感染リスクをふまえ当然の要請と受け止めており、決して軽んじていたわけではありません。

しかし施設には、日常的に介護・看護あるいは医療的な処置を必要とする要介護高齢者が入居しており、受け入れ可能な他の施設を直ちに確保することはできませんでした。当社が運営する各施設においても余剰人員を抱えているわけではなく、直ちに応援要員の確保ができる体制ではありませんでした。応援要員の確保が困難となれば、ご入居者への日常的なケアは完全に停止せざるをえず、入居する高齢者等の生命身体の安全が危殆化すると判断されました。

また、厚生労働省老健局高齢者支援課等が発した令和2年2月17日付事務連絡「社会福祉施設等における職員の確保について」)により、都道府県、指定都市、中核市の各民生主管部(局)は、「社会福祉施設等の入所者・利用者へのサービス提供を維持するため、職員の確保が困難な施設がある場合には、法人間の連携や都道府県における社会福祉施設等関係団体への協力要請などを通じて、他施設からの職員の応援が確保されるよう、必要な対応」をすることとされているが,本件においては残念ながらこうした対応がなされておりません。

 

そこで、やむを得ない措置として、43日に松山市保健所に以下の申し入れを行いました。

1. 弊社運営他施設からの応援職員体制を早急に整えること

2. 自宅待機対象の職員を43日から順次自宅待機させること

3. 応援職員が配置完了するまでの間、PCR検査で陰性であると確認された職員の勤務が必要であること

 

以上3点を申し入れ、職員全員を即時自宅待機とすることが最善として要請されましたが、現実的な対応として「濃厚接触者の自宅待機の計画」や「応援職員の配置状況」等を毎日報告することを条件に弊社の申し入れた3点とも理解を示していただきました。理解を得られたことを受けて、弊社の責任において上記1・2・3を進めました。

その後は保健所へ報告相談を毎日行いながら感染防止対策の対応を進めています。

また、新型コロナウィルス感染者が発生した場合の対応基準や医療的支援策について、松山市保健所や松山市高齢福祉課および介護保険課に相談をしましたが、具体的な基準や策について現時点では未だ示されておりません。

 

濃厚接触者にあたる職員26名の自宅待機開始日は以下の通りです。

43日 / 7

44日 / 5名(計12名)

45日 / 1名(計13名)

46日 / 3名(計16名)

47日 / 7名(計23名)

48日 / 3名(計26名) ※48日から応援職員のみで運営開始

 

なお、46日付で松山市の野志市長と近藤保健所長宛に「緊急要望書」を提出しています。

     入居者受け入れ先の早期確保

     職員の就労制限の緩和等

     入居者あるいは職員が感染した場合の対処に関するマニュアルの作成

     入居者の医療的処置に関する継続的な支援体制の構築

     感染予防に必要な資材(マスク・消毒液等)の確保

5点を松山市に要望したものですが、現時点で回答はいただけておりません。

 

●今後の対応

43日から現時点までの間、松山市保健所とは頻度高く連携をしています。自宅待機者及び応援職員の配置状況や、ご入居者と自宅待機者の健康状況を報告相談するとともに、消毒等の感染対策についても随時指導をいただき連携して感染対策にあたっています。これ以上の感染拡大を防止すべく、継続して感染対策に努めます。また、本日よりご入居者のPCR検査が実施されております。

 

●メディア関係者と地域のみなさまへ

一部の報道を受けて弊社職員への中傷被害が発生しています。現在も、ご入居者の生命と尊厳を守るべく現場でケアにあたっている職員がいます。これから自宅待機期間を経て職場復帰する職員もいます。いずれも高齢者に感染させてしまうかもしれない、自分が感染してしまうかもしれないというリスクを理解し、不安な気持ちでケアにむきあっています。どうか、感染者ご本人・ご家族や、ご入居者・当職員の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。


あなぶきメディカルケア ホームページはこちらから

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020418

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」にご入居中のお客様2名が、新たに新型コロナウィルスに感染していることが判明致しました。また、すでに公表のとおり自宅待機中の職員のうち2名の感染が確認されたことを受け、416日・17日に全ご入居者にPCR検査が実施されました。その結果、今回陽性となった2名以外のご入居者は全員が陰性判定となりましたこともご報告いたします。

 

今回陽性となったご入居者は2名とも、43日以降は居室隔離にご協力いただいていており、他ご入居者は濃厚接触者には該当いたしません。しかし、43日以降、弊社が運営する他施設からの応援でケアにあたっていた職員全員が濃厚接触者となり、松山市保健所の要請により本日から2週間自宅待機いたします。今後の施設運営につきましては、2週間の待機期間を経過し、保健所の復帰許可を得た同施設職員が本日より数名復帰しています。応援職員と接触しない形で入れ替わっており、人員充足には程遠い状況ではありますが、日常のケアをつないで参ります。

 

松山市保健所とは24時間体制で頻度高く連絡をとりあい、今後の感染拡大防止および施設運営に関して助言・指導をいただいています。また、松山市介護保険課は人員確保すべく迅速に動いてくださっており、心強いサポートをいただき誠に感謝いたします。

 

41718日にPCR検査を行った現ご入居者は全員陰性判定であり、現在ケアにあたっている同施設職員は2週間の自宅待機期間を経過した職員です。よって、同施設での新型コロナウィルスのこれ以上の感染拡大は少ないと考えていますが、厳格に感染対策をとっていても感染が発生してしまうウィルスの怖い特性をふまえ、今後も松山市保健所と連携し、感染対策に努めます。

 

●メディア関係者と地域のみなさまへ

改めてのお願いです。一部の報道を受けて弊社職員への中傷被害が発生しています。現在も、ご入居者の生命と尊厳を守るべく現場でケアにあたっている職員がいます。これから自宅待機期間を経て職場復帰する職員もいます。いずれも高齢者に感染させてしまうかもしれない、自分が感染してしまうかもしれないというリスクを理解し、不安な気持ちでケアにむきあっています。現場で必死にケアにあたっている職員も、周囲が心配されていることをふまえて復帰に踏み切れない職員も、当職員が責められるべき点は何一つなく、誇りに思っています。どうか、感染者ご本人・ご家族や、ご入居者・当職員の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020421

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」に勤務の職員1名が、新たに新型コロナウィルス感染していることが判明致しました。419に陽性判定となりましたことをご報告いたします。

 

今回陽性となった職員は44日より自宅待機を継続しており、2週間の自宅待機期間を経て復帰を前に実施された419日のPCR検査にて陽性判定となりました。同様に4月初旬から自宅待機をしていた他職員にもPCR検査が実施され、全員が陰性判定でした。

 

現在は、2週間の待機期間を経過し、保健所の復帰許可を得た同施設職員と、新たに加わった弊社が運営する他施設からの応援職員で施設を運営しています。今回、自宅待機期間を経て陰性判定となった職員のうち、ご家族や大切な方々の理解を得られた職員も順次職場復帰してまいります。時間を要するかもしれませんが、高齢入居者の生命身体と尊厳を守り、当たり前の日常を取り戻すべくケアにあたります。また、厳格に感染対策をとっていても感染が発生してしまうウィルスの怖い特性をふまえ、今後も松山市保健所・松山市介護保険課と連携し、引きつづき感染対策に努めて参ります。

 

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

 

●地域のみなさまへ

この数日、施設の職員に対して励ましの声がたくさん届いています。松山市介護保険課から地域や関係団体に声をかけていただいたことにより、いくつかの機関から人材確保に向けた協力の申し出がありました。励ましの声やサポートにとても勇気づけられています。心より御礼申し上げます。

この記事のURL カテゴリー:未設定

 2020年4月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事

RSSRSS