スタッフブログ

未設定

外部サービス利用・ご面会について

新型コロナウィルス感染症対策について 

  平素は格別のご高配を賜り誠に有難うございます。全国の緊急事態宣言も解除され、日々日常生活に戻っている中、継続して感染症対策に努めている所ではございますが、今後の当社の対応について下記のとおりお知らせいたします。皆様の無事と健康の為に、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 1.外部サービス利用について入居者様の接触回数を抑制する為、また不特定多数の方と関わった可能性が高い外部サービスについて制限をさせて頂いておりましたが、松山市内での感染報告があってから2週間後以降68日)に、自粛の要請に緩和いたします。ただ、感染リスクが無くなった訳ではございませんので、デイサービス等の外出や訪問サービスについてもマスクの着用(ご準備をお願いします)・手指の消毒等を引き続きよろしくお願いいたします。

 

 2.入居施設におけるご面会及びご来館の制限館内における感染症拡大は、施設業務が停止するのみならず、入居者様の生命が脅かされる事態となる為、面会を禁止させていただいておりましたが、愛媛県内での感染報告があってから2週間後以降(610日)に、居室での面会も可能となります。同様にマスクの着用(ご準備をお願いします)手指の消毒・検温・来館リストへの記入をお願いいたします。また、面会時間に関しても、極力短時間でお願いいたします。

1)引き続き、エントランスでの荷物の受け渡しも可能です。

2)買い物代行・洗濯サービスも可能です。ご相談ください。   

 

3.新たに感染者報告があった場合(68日時点) 愛媛県または松山市にて新たな感染報告があった場合は、再度警戒レベルを上げ、対応してまいります。急に予定されていた外部サービスや面会等が延期となる可能性もございますのでご理解・ご協力を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

なお最新の情報はブログにて発信致しますので、ご確認をお願い致します。

この記事のURL カテゴリー:未設定

日常を取り戻す為に

入居者様・ご家族様および、関係各所の皆様のご協力を得て、アルファリビング松山では、少しずつ今までの日常を取り戻してきております。皆様方には、本当に感謝しております。

愛媛県内でも新型コロナウイルスの確認がされていますが、感染が確認された方に対して心よりお見舞い申し上げます。また、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

さて、愛媛県では「緊急事態宣言」が5月14日に解除され、先日、全国でもすべての都道府県で解除されました。少しずつ経済も動き出し、活気が出てきているように思いますが、新型コロナウイルスに負けないよう、日本全国で、今、新しい日常の生活スタイルが求められています。

松山市内では新型コロナ感染の確認が続き、まだまだ気を抜けない日々です。
そこで、当社では「新しい日常の生活スタイル」に感染症対策を取り入れ、
入居者様の皆様方には、今までの生活に「感染症対策の徹底」を加え、感染症に負けない安全で安心できる生活サービスを提供していきます。
慣れないことで皆様方にはご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

さて、アルファリビング松山に併設している2つのデイサービスでは、一部再開と再開予定しております。

まず、アルファリビング松山久万の台に併設している、アルファデイサービス久万の台では、5月14日から一部制限を設けながらデイサービスを再開致しました。

次に、アルファリビング松山よつば循環器科クリニック前に併設している、アルファデイサービス南江戸では、6月1日から一部制限を設けてデイサービスを再開致します。

施設内でのご面会については、市内での感染報告が無くなって、2週間後を予定しておりますので、今しばらく、ご猶予とご協力を賜れば幸いです。

また随時、今後の動きを発信して参ります。

 

ブログ更新中!!!

「アルファリビング松山本町」のブログは・・
 http://www.a-living.jp/honmachi/blog/

「アルファリビング松山よつば」のブログは・・
 http://www.a-living.jp/yotsuba/blog

この記事のURL カテゴリー:未設定

(お客様へのお願い)新型コロナウィルス拡大防止に関する当社対応について

                               2020年 5月 吉日

 お客様各位

                           あなぶきメディカルケア株式会社

 (お客様へのお願い)新型コロナウィルス拡大防止に関する当社対応について

 平素は格別のご高配を賜り誠に有難うございます。このたび、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除を受け、当社の対応について下記のとおりお知らせいたします。今後も皆様の無事と健康の為に、最善を尽くしたいと存じますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 1.入居施設における面会および入居者様の外出制限について医療介護施設における感染例は後を絶たず、予断を許さない状況である為、面会および外出制限の期間については、変更なく5月31日までとさせていただくことといたしました。6月1日以降につきましても、施設へのウイルスの持ち込みの可能性を少なくするため、次の点にご配慮下さいますよう宜しくお願いいたします。 

1)当社物件を含む保健所管内にて14日間、新たな新型肺炎発生の報告が無かった場合、共用スペースを使い短時間で面会いただくなど、制限を一部緩和いたします。その際も、以下の①から⑤に該当される場合につきましては、来訪をご遠慮ください。

① 発熱や咳、鼻汁等の風邪様症状がある、もしくは症状の緩解後、3日を経過していない場合

② お住まいの都道府県で緊急事態宣言が発令中である場合

③ 緊急事態宣言発令中の都道府県あるいは海外から戻られて14日間を経過していない場合

 お住まいの都道府県または当社物件を含む保健所管内で新たに新型肺炎の感染が発生した場合

⑤ 当社物件を含む都道府県で緊急事態宣言が発令された場合

なお、引き続き受付での検温、マスクの着用及び手指のアルコール消毒の徹底にご協力をお願いします。

 2)入居者様の外出については急な体調不良や医師の指示による受診等、やむを得ない場合をのぞき、ご遠慮下さい。行動把握のできない、不特定多数の方との接触の可能性がある外部デイサービス(当社運営以外)等の利用制限にもご協力願います。なお、これらは管内における新規感染報告の有無、緊急事態宣言の発令および解除の状況によって変更する場合があります。予めご了承下さい。

 2.今後のお知らせについて

引き続き入居者様や職員の安全に十分に留意しサービスの提供を行ってまいります。今後お知らせすべき情報などが発生した場合は、改めてご案内いたします。入居者様やご家族の皆様にはご不便ならびにご心配をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

この記事のURL カテゴリー:未設定

(19時24分発表)新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」に勤務していた職員1名が、新たに新型コロナウィルスに感染していることが判明いたしました。2週間の待機期間を経過した職員を対象に、復帰を前に実施された52日のPCR検査にて陽性判定となりました。同職員は、弊社が運営する他施設からの応援職員であり、46日から417日まで同施設で勤務をしていました。すでに公表の通り417日にご入居者に感染が確認されたことを受け、418日から待機をしていたため、同職員の濃厚接触者はいないことが確認されています。

 

同様に、51日・2日に実施されたPCR検査で、2週間待機をしていた他職員は全員が陰性判定でした。また、現ご入居者にも51日にPCR検査が実施され、全ご入居者が陰性判定となりました。これにより、今回感染が確認された職員を除き、すべてのご入居者と職員の、保健所に指定された経過観察期間が終了したこともあわせてご報告いたします。

 

現在は、2週間の待機期間を経過して陰性判定となった職員のうち、ご家族や大切な方々の理解を得られた職員が職場復帰しております。また、保健所の許可をうけて本日よりご入居者の居室隔離を1ヵ月ぶりに緩和しています。当たり前の日常を徐々に取り戻すことと、その日常を楽しむための身体機能を維持すべく全力でケアにあたります。

 

松山市保健所の指示に基づき、防護具着用・消毒や殺菌など、感染拡大防止策を厳格に行ってまいりました。その環境下においても感染が発生してしまうウィルスの怖い特性をふまえ、今後も松山市保健所・松山市介護保険課と連携し、引きつづき感染対策に努めて参ります。

 

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

 

●地域のみなさまへ

ご心配をおかけして誠に申し訳ありません。この数週間、お手紙やメール、マスクの差し入れ等、たくさんの励ましと支援をいただきました。スタッフ一同、とても勇気づけられています。今回、待機者の中から感染が確認されたため今後も気は抜けませんが、本日よりご入居者の居室隔離が緩和され、経過観察期間を終えた職員とご入居者が久しぶりに再会できることや、徐々に元通りの生活に戻れそうな状況を喜ばしく思っております。これも地域の方々の応援や支えがあってのことです。心より御礼申し上げます。

 

●メディア関係者のみなさまへ

感染者が発生している以上、会社の感染対策や対応が正当化されるものでありません。ただ、ご入居者の生命と尊厳を守るべく現場でケアにあたっている職員がいます。これから自宅待機期間を経て職場復帰する職員もいます。いずれも高齢者に感染させてしまうかもしれない、自分が感染してしまうかもしれないというリスクを理解し、不安な気持ちでケアに向き合っています。感染した職員も含めて、職員が責められるべき点は何一つないと考えます。どうか、感染者ご本人・ご家族や、ご入居者・当職員の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020421

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」に勤務の職員1名が、新たに新型コロナウィルス感染していることが判明致しました。419に陽性判定となりましたことをご報告いたします。

 

今回陽性となった職員は44日より自宅待機を継続しており、2週間の自宅待機期間を経て復帰を前に実施された419日のPCR検査にて陽性判定となりました。同様に4月初旬から自宅待機をしていた他職員にもPCR検査が実施され、全員が陰性判定でした。

 

現在は、2週間の待機期間を経過し、保健所の復帰許可を得た同施設職員と、新たに加わった弊社が運営する他施設からの応援職員で施設を運営しています。今回、自宅待機期間を経て陰性判定となった職員のうち、ご家族や大切な方々の理解を得られた職員も順次職場復帰してまいります。時間を要するかもしれませんが、高齢入居者の生命身体と尊厳を守り、当たり前の日常を取り戻すべくケアにあたります。また、厳格に感染対策をとっていても感染が発生してしまうウィルスの怖い特性をふまえ、今後も松山市保健所・松山市介護保険課と連携し、引きつづき感染対策に努めて参ります。

 

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

 

●地域のみなさまへ

この数日、施設の職員に対して励ましの声がたくさん届いています。松山市介護保険課から地域や関係団体に声をかけていただいたことにより、いくつかの機関から人材確保に向けた協力の申し出がありました。励ましの声やサポートにとても勇気づけられています。心より御礼申し上げます。

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020418

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」にご入居中のお客様2名が、新たに新型コロナウィルスに感染していることが判明致しました。また、すでに公表のとおり自宅待機中の職員のうち2名の感染が確認されたことを受け、416日・17日に全ご入居者にPCR検査が実施されました。その結果、今回陽性となった2名以外のご入居者は全員が陰性判定となりましたこともご報告いたします。

 

今回陽性となったご入居者は2名とも、43日以降は居室隔離にご協力いただいていており、他ご入居者は濃厚接触者には該当いたしません。しかし、43日以降、弊社が運営する他施設からの応援でケアにあたっていた職員全員が濃厚接触者となり、松山市保健所の要請により本日から2週間自宅待機いたします。今後の施設運営につきましては、2週間の待機期間を経過し、保健所の復帰許可を得た同施設職員が本日より数名復帰しています。応援職員と接触しない形で入れ替わっており、人員充足には程遠い状況ではありますが、日常のケアをつないで参ります。

 

松山市保健所とは24時間体制で頻度高く連絡をとりあい、今後の感染拡大防止および施設運営に関して助言・指導をいただいています。また、松山市介護保険課は人員確保すべく迅速に動いてくださっており、心強いサポートをいただき誠に感謝いたします。

 

41718日にPCR検査を行った現ご入居者は全員陰性判定であり、現在ケアにあたっている同施設職員は2週間の自宅待機期間を経過した職員です。よって、同施設での新型コロナウィルスのこれ以上の感染拡大は少ないと考えていますが、厳格に感染対策をとっていても感染が発生してしまうウィルスの怖い特性をふまえ、今後も松山市保健所と連携し、感染対策に努めます。

 

●メディア関係者と地域のみなさまへ

改めてのお願いです。一部の報道を受けて弊社職員への中傷被害が発生しています。現在も、ご入居者の生命と尊厳を守るべく現場でケアにあたっている職員がいます。これから自宅待機期間を経て職場復帰する職員もいます。いずれも高齢者に感染させてしまうかもしれない、自分が感染してしまうかもしれないというリスクを理解し、不安な気持ちでケアにむきあっています。現場で必死にケアにあたっている職員も、周囲が心配されていることをふまえて復帰に踏み切れない職員も、当職員が責められるべき点は何一つなく、誇りに思っています。どうか、感染者ご本人・ご家族や、ご入居者・当職員の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。

今後、状況に変化がある場合には、随時このホームページでお知らせいたします。

この記事のURL カテゴリー:未設定

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

2020416

 

お客様各位

 

あなぶきメディカルケア株式会社

 

新型コロナウィルス感染症対応についてのご報告

 

この度、当社運営の高齢者住まい「アルファリビング(愛媛県松山市南江戸)」に勤務の職員2名が、新たに新型コロナウィルス陽性となりましたことをご報告いたします。1名は48日から自宅待機しており、414に陽性判定、1名は47日から自宅待機しており415日に陽性判定が出ました。

 

●経緯

42日に職員1名が新型コロナウィルス陽性判定となり、翌43日に、保健所から濃厚接触者(同施設の全職員)を即日自宅待機させるよう要請を受けました。この要請は、高齢入居者への感染リスクをふまえ当然の要請と受け止めており、決して軽んじていたわけではありません。

しかし施設には、日常的に介護・看護あるいは医療的な処置を必要とする要介護高齢者が入居しており、受け入れ可能な他の施設を直ちに確保することはできませんでした。当社が運営する各施設においても余剰人員を抱えているわけではなく、直ちに応援要員の確保ができる体制ではありませんでした。応援要員の確保が困難となれば、ご入居者への日常的なケアは完全に停止せざるをえず、入居する高齢者等の生命身体の安全が危殆化すると判断されました。

また、厚生労働省老健局高齢者支援課等が発した令和2年2月17日付事務連絡「社会福祉施設等における職員の確保について」)により、都道府県、指定都市、中核市の各民生主管部(局)は、「社会福祉施設等の入所者・利用者へのサービス提供を維持するため、職員の確保が困難な施設がある場合には、法人間の連携や都道府県における社会福祉施設等関係団体への協力要請などを通じて、他施設からの職員の応援が確保されるよう、必要な対応」をすることとされているが,本件においては残念ながらこうした対応がなされておりません。

 

そこで、やむを得ない措置として、43日に松山市保健所に以下の申し入れを行いました。

1. 弊社運営他施設からの応援職員体制を早急に整えること

2. 自宅待機対象の職員を43日から順次自宅待機させること

3. 応援職員が配置完了するまでの間、PCR検査で陰性であると確認された職員の勤務が必要であること

 

以上3点を申し入れ、職員全員を即時自宅待機とすることが最善として要請されましたが、現実的な対応として「濃厚接触者の自宅待機の計画」や「応援職員の配置状況」等を毎日報告することを条件に弊社の申し入れた3点とも理解を示していただきました。理解を得られたことを受けて、弊社の責任において上記1・2・3を進めました。

その後は保健所へ報告相談を毎日行いながら感染防止対策の対応を進めています。

また、新型コロナウィルス感染者が発生した場合の対応基準や医療的支援策について、松山市保健所や松山市高齢福祉課および介護保険課に相談をしましたが、具体的な基準や策について現時点では未だ示されておりません。

 

濃厚接触者にあたる職員26名の自宅待機開始日は以下の通りです。

43日 / 7

44日 / 5名(計12名)

45日 / 1名(計13名)

46日 / 3名(計16名)

47日 / 7名(計23名)

48日 / 3名(計26名) ※48日から応援職員のみで運営開始

 

なお、46日付で松山市の野志市長と近藤保健所長宛に「緊急要望書」を提出しています。

     入居者受け入れ先の早期確保

     職員の就労制限の緩和等

     入居者あるいは職員が感染した場合の対処に関するマニュアルの作成

     入居者の医療的処置に関する継続的な支援体制の構築

     感染予防に必要な資材(マスク・消毒液等)の確保

5点を松山市に要望したものですが、現時点で回答はいただけておりません。

 

●今後の対応

43日から現時点までの間、松山市保健所とは頻度高く連携をしています。自宅待機者及び応援職員の配置状況や、ご入居者と自宅待機者の健康状況を報告相談するとともに、消毒等の感染対策についても随時指導をいただき連携して感染対策にあたっています。これ以上の感染拡大を防止すべく、継続して感染対策に努めます。また、本日よりご入居者のPCR検査が実施されております。

 

●メディア関係者と地域のみなさまへ

一部の報道を受けて弊社職員への中傷被害が発生しています。現在も、ご入居者の生命と尊厳を守るべく現場でケアにあたっている職員がいます。これから自宅待機期間を経て職場復帰する職員もいます。いずれも高齢者に感染させてしまうかもしれない、自分が感染してしまうかもしれないというリスクを理解し、不安な気持ちでケアにむきあっています。どうか、感染者ご本人・ご家族や、ご入居者・当職員の人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

 

ご利用者の皆様ならびに地域の方々にはご心配をおかけして誠に申し訳ありません。


あなぶきメディカルケア ホームページはこちらから

この記事のURL カテゴリー:未設定

 2020年11月 
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
過去の記事

RSSRSS