お役立ちコラム

夜勤では、決められた業務をこなしながら、何が起こるかわからない状況にも少ない人数で対応しなくてはならない緊張感があります。勤務時間も長いため、夜勤明けは疲れがピークに達し、眠れないことも多いようです。シフト制であれば定期…

続きを読む

介護施設には、法律によって特定研修の実施が義務付けられています。介護施設における法定研修の種類は多く、適切に実施するには綿密な計画が必要です。 この記事では、介護施設に義務付けられている法定研修の内容と、計画の作成手順、…

続きを読む

ボディメカニクスとは、できるだけ少ない力で介護を行うための介護技術のことです。介護をする人にとってもされる人にとっても身体的負担が少ないため、近年注目されています。 ボディメカニクスは、介護を続けていくために必須の技術で…

続きを読む

介護の現場でも、すべての業務が安全に問題なく完了できるわけではありません。なかには「もう少しでケガをするところだった」とヒヤリとすることがあるでしょう。「これは危険だ」とハッとすることもあるかもしれません。 このような事…

続きを読む

住み慣れた家でも高齢になると、たとえば階段をのぼるのがつらくなったり、わずかな段差につまずいて転倒しそうになったりすることがあります。これは高齢になるにしたがって体や感覚が変わるためです。ただ変化は徐々に起こるため、万が…

続きを読む

高齢者の一人暮らしは実に65歳以上の4人に1人を超え、今後も増えていくと考えられています。高齢者の一人暮らしには、若い人とは異なるリスクへの注意が必要です。しかし、若い人にとって、このリスクは想像しにくいところがあるかも…

続きを読む

介護職は、さまざまな職種と連携しながら介護サービスを提供する職種です。ただし介護は特定の利用者にとても近いポジションで、その人の食事や入浴、排泄といったプライバシーに関わるデリケートな一面もあります。それだけに、ほかの職…

続きを読む

赤ちゃんやペットの様子を別の部屋からチェックできる見守りカメラは、介護の場面でも用いられています。介護での見守りカメラのニーズは、遠方で一人暮らしをしている親の様子や、介護施設で目の届きにくい入居者の状況を確認するためな…

続きを読む

介護施設は、多くの高齢者が利用する施設です。そのため、利用者からの相談・要望、施設との調整・連絡、適切な連携は欠かせません。このように、利用者と施設の間を取り持つ役割を果たしているのが生活相談員です。 生活相談員はソーシ…

続きを読む

高齢になるほど、生活に欠かせないなにげないことが難しくなってきます。とくに足腰が弱ってくると、歩いたり一定時間たち続けたりしにくくなるため、一人で買い物に行けないという高齢者も少なくありません。このようなときに役立つのが…

続きを読む

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら