お役立ちコラム

ボディメカニクスとは、できるだけ少ない力で介護を行うための介護技術のことです。介護をする人にとってもされる人にとっても身体的負担が少ないため、近年注目されています。
ボディメカニクスは、介護を続けていくために必須の技術です。

この記事では介護におけるボディメカニクスについて、8つの原則と活用の場面を詳しく見ていきましょう。

ボディメカニクスとは

ボディメカニクスとは、ボディ(Body=身体)とメカニクス(Mechanics=力学)を組み合わせた用語です。人間の体のしくみという観点から、最小限の力で身体介助するための理論または手法をいいます。

ボディメカニクスは、介護者だけでなく利用者の身体的負担をも軽減可能です。介護の仕事をするなら、ぜひ身につけておきたい技術といえます。うまく活用するためには、1つひとつの手順よりもまず原則を理解する必要があるでしょう。ボディメカニクスの原則に従い、状況にうまく応用することが大切です。

ボディメカニクスの8原則

ここで解説するのは、ボディメカニクスの8つの原則です。

  • 原則1.支持基底面を広くする
  • 原則2.重心は低く保つ
  • 原則3.対象者との距離を近くする
  • 原則4.対象者の体をコンパクトにまとめる
  • 原則5.大きい筋肉群を使う
  • 原則6.水平移動を行う
  • 原則7.手前に引く動作を意識する
  • 原則8.てこの原理を活用する

以下で、詳しく見ていきましょう。

原則1.支持基底面を広くする

ボディメカニクスでは、支持基底面(体重を支えるための面積)を広く取るのが原則です。たとえば床に立つとき、両足を広げて左右のつま先とかかとを結ぶ四角形の面積を広めに取ると姿勢が安定します。介護者の姿勢が安定すれば、利用者が体を預けても安定しているため、体に余計な力を入れる必要がなく動作しやすくなるでしょう。

原則2.重心は低く保つ

身体介助では介護者の重心の高さも、高いより低いほうが安定しやすいです。利用者がベッドから立ち上がる場合、体を腰から曲げても重心は下げられます。しかし、腰に負担がかかりやすく、角度によっては痛めかねません。

この場合、腰を曲げずに両ひざを曲げることで重心を下げます。腰はまっすぐなままであり、痛めることもありません。重心は、その位置が支持基底面の中心に近いほど安定します。

原則3.対象者との距離を近くする

重心の位置は、介護者だけでなく利用者にとっても重要です。介護者と利用者はできるだけ距離を近くし、重心が重なるくらいのほうが安定します。

重心が離れていると介護者の重心の位置が変わってしまうため、バランスを崩して介護者はもちろん利用者もケガをしかねません。体が密着していると、利用者の動きを感知しやすいメリットもあります。

原則4.対象者の体をコンパクトにまとめる

対象者の体は、できるたけコンパクトにまとめることも原則です。同じ重さであれば、大きいものより小さいもののほうが全体に手が届きやすく動かしやすくなります。

利用者の体も、ひざや腰を曲げたり、猫背にしたり、腕を胸の前に置いたりするなど、コンパクトにまとめたほうが安定し、動かしやすくなるのです。

原則5.大きい筋肉群を使う

介助にかかる物理的な負担を、腰や腕といった比較的小さな筋肉だけに集中させるのを避け、できるだけ大きい筋肉を使うようにします。

座位からの立ち上がりのケースで考えてみましょう。腰を曲げて立ち上がり介助すると、物理的な負担は腰まわりの比較的小さな筋肉に集中します。しかしひざを落として腰を伸ばした状態で介助すれば、負担は両足の太ももやふくらはぎという大きな筋肉に分散するのです。そのためそれぞれの筋肉の負担は大きくならず、むしろ安定するでしょう。

原則6.水平移動を行う

ベッドに横になって過ごす時間が長い利用者は、ベッド上での移動が必要です。その際、利用者の体を持ち上げるようにして移動すると、介護者にとって大きな負担になります。移動はベッド上を滑らせるように移動する、水平移動を心がけましょう。

水平移動では、介護者に持ち上げる負担がかかりません。ベッド上での持ち上げでは腰や背中、肩への負担が大きくなりがちです。ベッドの造りやシーツの素材も、考慮する必要があります。水平移動しやすいように、環境を整えましょう。

原則7.手前に引く動作を意識する

一般的に、押す動作に比べ、手前に引く動作のほうが小さな力で済むといわれます。ベッド上での体位交換でも、押すのではなく、逆の位置から引くように行うのがボディメカニクスの原則です。

押す動作によって、負担が集中しやすい腰を守るための工夫でもあります。ただし、手前に引くときも、利用者の腕や洋服などの部分を力まかせに引っぱると体を痛めてしまうかもしれません。体も部分的にではなく、体全体を支えながら動かすことが大切です。

原則8.てこの原理を活用する

何かを動かすときは、支点と力点、作用点を設定した「てこの原理」の活用が有効です。座っている利用者を腰から抱えて立たせようとすると、ほとんどすべての体重がかかってしまい、大きな力が必要になります。ところが、ひざを介護者のひざで固定すると、上半身を手前に引き寄せるだけで自然と腰が浮き、立つ姿勢に移行可能です。

てこの原理は、とくに体の不自由な利用者を介助する場面で活用できるテクニックです。

ボディメカニクスをより活かすためのポイント

ボディメカニクスによって、介護の負担は少なくなります。しかしボディメカニクスを活用するときは、利用者への配慮や無理をしないといった注意も必要です。

ここではボディメカニクスを介護の現場に活用するにあたって、必要な配慮や注意点について解説します。

利用者の力をできるだけ引き出す

利用者の力を引き出すことは、介護を提供する上で重要です。ボディメカニクスによって、身体的負担を軽減できるとしても、利用者ができることまで介助してしまうのは避けましょう。

たとえば座位から立ち上がるときは、できるだけ自身の力で立ち上がってもらいます。どうしても難しい場合は、介護者につかまるよう促し、安全を確保することが大切です。何もかも介助してしまうと、筋力が衰えてしまい、できないことがかえって増えてしまうかもしれません。

介護は利用者のできないことのサポートのみにとどめ、できることは自身でやってもらうのが原則です。

利用者への声かけを忘れない

身体介助中は、利用者への声かけをしっかりしましょう。

ボディメカニクスを活用することで、従来時間のかかっていた身体介助もより短時間でできるかもしれません。だからといって利用者へ声もかけずに介助すると、恐怖や不安のため緊張し、余計な力が入りがちです。介助しづらいだけでなく、ケガや事故の原因にもなります。

自分で体を動かせない利用者にとって、身体介助は不安なものです。ボディメカニクスを活用できるようになっても、利用者への心遣いは忘れないよう努めましょう。

福祉用具の利用を検討する

福祉用具の使用を積極的に検討し、利用者が安心できる介護を目指しましょう。

ボディメカニクスによって、身体介助の負担はある程度軽減されます。しかし、それだけでは限界があることも事実です。より安心・安全な介護のためには、福祉用具の利活用が欠かせません。

ボディメカニクスと併用しやすい福祉用具には、次のようなものがあります。

  • 介護用ベッド:高さ調整や背上げ、ひざ上げのできるベッド。とくに仰向けの姿勢からの座位、座位からの立ち上がりがしやすくなる
  • スライディングシート:ベッドに敷くことで摩擦を減らし、ベッド上の移動がスムーズにできる
  • 手すり:手すりにつかまって体勢の移行ができたり、階段の上り下りや玄関での靴の着脱時に利用できる

状況に応じて、効果的な用具は変わります。日頃から、利用者の状況や介護の環境に適した用具の情報を収集し、担当のケアマネジャーに相談しましょう。

ボディメカニクスの活用シーン

ここからは実際の介護に必要な身体介助の例から、ボディメカニクスの活用法をより具体的に見ていきます。ボディメカニクスは、さまざまな状況の身体介助に応用できるテクニックです。実際の活用シーンを想定し、詳しい手順などを考えてみましょう。

体位交換

ベッドで仰臥位になっている利用者を、右側の側臥位に体位交換する手順は次のとおりです。

  1. 仰臥位のまま、左右の腕を胸の前で組み、両足のひざを立ててもらう
  2. 体の右側面を支点に、左肩と左ひざを力点としてゆっくり右側に倒す

左側の側臥位の場合は、力点の左右が逆です。体位交換には、体をコンパクトにまとめ、てこの原理を利用するという原則が利用できます。

起き上がり

ベッドで仰臥位になっている利用者を、ベッドの縁に座ってもらう起き上がりは、次の手順で行います。

  1. ベッドの高さを、利用者が座って両足が床面に着くよう調節する
  2. 仰臥位のまま、左右の腕を胸の前で組み、両足のひざを立ててもらう
  3. 介護者の腕を利用者のひざの下と首の下に挿し入れる
  4. 利用者のお尻を中心に、頭側が上に、脚が下になるよう体全体をゆっくり回転させる

利用者の体重の大部分はお尻の支点になるため、介護者の負担は最低限で済みます。介護者は、ベッドの端にひざをのせるなどし、姿勢を安定させておくことがポイントです。また、すばやく回転させると利用者の負担になる恐れがあるため、スピードには配慮しましょう。

立ち上がり

イスやベッドの端に座った状態から立ち上がる手順は、次のとおりです。

  1. 介護者はひざを曲げるなどして重心を下げる
  2. 利用者は介護者の肩に腕をかけ、介護者は利用者のひざを自分のひざで固定する
  3. 利用者の上体を手前に引くと同時に主に脚力を使ってゆっくり立ち上がる

この手順では、介護者の支持基底面を十分確保します。重心を低くし、利用者との距離を近く取りましょう。てこの原理を応用し、介護者の脚の筋肉(大きい筋肉群)を使います。

着座

着座では、利用者の座る位置を確認しながらの介助が必要です。手順は、立ち上がりと逆になります。

  1. 介護者は利用者の前に立ち、十分安定するよう支持基底面を広く取る
  2. 利用者は介護者の肩に腕を回し、介護者は利用者のひざを自分のひざで固定する
  3. 介護者は利用者と密着したまま、座る位置を確認しながらゆっくりと腰を落とす

座る位置を見ないでイスに座るときは、不安になりがちです。想定通りの位置に座れるかどうかを確認しつつ、ゆっくりと腰を落とせるようサポートしましょう。

移乗

車椅子からベッドへの移乗は、立ち上がりと着座を続けて行う動作です。車椅子がしっかり固定されているか確認し、レッグレストをたたみます。利用者の足が床についている状態から始めましょう。

  1. ベッドの高さを車椅子の座面より少し低く調整する
  2. 介護者は足を前後に開き、前に出した足を利用者の足の間に入れる
  3. 十分な支持基底面を取って重心を落とし、利用者の腕を介護者の肩にかける
  4. タイミングを合わせてゆっくり立ち上がり、介護者は足先をベッドに向ける
  5. 利用者の足の位置を調整した後、介護者は利用者のひざを自分のひざで固定する
  6. 介護者は利用者と密着したまま、座る位置を確認しながらゆっくりと腰を落とす

ボディメカニクスを活用して介護者の負担を減らそう

身体介助は、介護者にとっても利用者にとっても、負担が大きいものです。しかしボディメカニクスを活用すれば、負担を軽減できます。

身体介護は利用者の状態や置かれた環境によって適切な方法は異なる点に注意が必要です。ボディメカニクスの原則をしっかり把握し、福祉用具とうまく組み合わせる必要があるでしょう。

ボディメカニクスを身体介助に活用する際には、利用者が不安にならないような配慮が欠かせません。ボディメカニクスは、より安心・安全な介護を実現するためのテクニックの1つといえるでしょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長