お役立ちコラム

一口に介護施設とはいっても、その種類はさまざまです。各施設によってサービス内容や利用条件などは異なるため、利用する際にはそれぞれの特徴をよく知っておく必要があります。
そこで今回は、さまざまな介護施設の種類について紹介します。

■民間運営と公的施設

冒頭で触れたように介護施設の種類はさまざまですが、それらはすべて民間運営の施設と公的施設に大別されます。

公的施設は、国や地方公共団体、社会福祉法人などが運営している介護施設です。国が補助金を出して設立されていることから入居費用や月額利用料などが抑えられており、生計状況によっては補助を受けることもできます。公的な介護施設としては、介護保険施設や福祉施設があります。

これに対して民間運営の施設は、文字通り民間企業によって運営されている介護施設です。運営しているのは主に訪問介護事業や通所介護事業などを行っている会社で、近年では医療法人が運営しているケースもあります。豊富なサービス内容や職員の数など、民間ならではの特徴で差別化を図っています。

また、民間運営の施設はそれほど比較的入居しやすいというメリットもあります。主な施設として有料老人ホームがあります。

■それぞれの施設の特徴

部屋の設備

民間運営の施設、公的施設ともに、いくつか種類があります。主な施設について、それぞれの特徴を簡単にご紹介します。

●公的施設

・特別養護老人ホーム
特別養護老人ホームは特養とも呼ばれる施設で、日常生活の介護や機能訓練、レクしエーションといったサービスが行われています。費用の安さが魅力です。

・介護老人保健施設
介護老人保健施設は老健とも呼ばれる施設で、リハビリを中心に自立生活を目指すために利用されます。そのため、入所期間は長くても1年と決められています。

・介護療養型医療施設
介護療養型医療施設は療養病床とも呼ばれる施設で、医療や看護に重点を置いたサービスが行われています。慢性的な症状のための療養を行うために利用されます。

・ケアハウス
ケアハウスは、60歳以上で自立した生活はできるものの、独立生活するには不安があるという人が利用する施設です。入居する際は、重度の医療措置が必要となるか否かが重要なポイントになります。

・養護老人ホーム
養護老人ホームは、身体的、精神的、経済的な理由によって、自宅では生活できないと判断された場合に利用できる施設です。自立した生活を送ることができる高齢者のみ入居できます。

●民間運営の施設

・有料老人ホーム
有料老人ホームの主流となっているのは、介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームの2種類です。介護付有料老人ホームは24時間体制で介護ケアを受けられる、住宅型有料老人ホームは必要な介護サービスを選んで利用できるという点がメリットです。

・サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅は、日常生活に不安がある高齢者が安心して暮らせるよう、介護保険と連携した住宅です。地域包括ケアシステムの中核として期待されています。

・グループホーム
グループホームは、認知症を患っている高齢者が共同生活するための施設です。医療依存度が高い方は入居することが難しく、また自傷・他傷を伴う認知症の場合は入居できないケースもあります。

■サービス内容や費用など、しっかり比較して選ぶことが大事

公的施設と民間運営の施設を合わせると、介護施設には多くの種類があります。入居先を選ぶ際にはどんなサービスが必要なのかを明確にし、各施設のサービス内容や費用などと照らし合わせながらしっかり比較して選ぶことが大切です。

<ご対応エリア>
香川県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

広島県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

愛媛県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

岡山県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

兵庫県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

福岡県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

長崎県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

鹿児島の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長