お役立ちコラム

訪問看護とは、在宅で療養を行なっている方とその家族を、専門家である看護スタッフが訪問して支援するサービスです。主治医の指示のもとで、訪問看護ステーションからサポートを受けられます。

とても頼りになる訪問看護サービスですが、誰にでも受けられるサービスというわけではありません。ここでは将来訪問看護の必要があるかもしれないみなさんに向けて、訪問看護のサービス内容や受ける条件、費用について詳しく解説します。

訪問看護とは?

訪問看護は病気や障害を抱える人が穏やかに療養生活が送れるよう、その人自身の家庭や長年住み慣れた地域において療養を支援するサービスです。

訪問看護師(看護師・准看護師・保健師・助産師)やリハビリテーションスタッフ(作業療法士・理学療法士・言語聴覚士)が地域の訪問看護ステーションなどから、利用者の暮らす場所へ出向いて医療的ケアを提供します。訪問看護の目的は、利用者の自立を支援し、その人の尊厳を守りながら療養生活を支援することです。

ここでは訪問看護の具体的な内容や訪問回数について、詳しく見ていきましょう。

訪問看護の具体的な内容8つ

訪問看護の具体的な内容は、以下の8つとなります。

  • 1.健康チェックと療養生活のアドバイス
  • 2.在宅リハビリテーション
  • 3.メンタルな面のケア
  • 4.疾病治療のための看護ケア
  • 5.療養生活のサポート
  • 6.療養環境のチェックと家族ケア
  • 7.ターミナルケア
  • 8.関連サービスやその連携方法の助言

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.健康チェックと療養生活のアドバイス

利用者の健康状態を観察し、さまざまなチェックとアドバイスを訪問看護スタッフが行います。

具体的には血圧や体温を測定したり、呼吸や脈拍を確認して異常が見られないかをチェックしたりします。利用者とその家族は、食事に関することや可能な範囲での運動など生活全般に関して、専門家の立場からの助言をもらえるでしょう。

2.在宅リハビリテーション

日常の生活動作の訓練などの在宅でのリハビリテーションを、作業療法士・理学療法士・言語聴覚士が行います。自宅でのリハビリテーションに関して、無理がないように臨むための体調の管理などの助言も行われるでしょう。

また、寝たきりを予防するためのケアや転倒転落を防止するや工夫、リハビリテーションのオーバーペースによる危険防止などのための助言も行われます。

3.メンタルな面のケア

長い療養生活は、精神的な負担も大きくなるものです。そんな利用者の精神的ケアを訪問看護スタッフが行います。具体的には精神をリラックスさせるために、頭や手足などをマッサージしたり、時間を十分にとって会話の相手をしたりなどです。

ほかにも、一緒にテレビを観たり、本を読む手伝いをしたり、一緒に音楽を鑑賞したりすることもあります。気分転換に効果的な散歩も一緒にすれば、旅行の付き添いなどするケースもあるでしょう。

筋・神経疾患の療養者となら、文字盤を使ってコミュニケーションを測ります。また、不眠で悩む人や精神的に不安定になっている人に対する、大切な声かけや見守りなどです。他には、リハビリテーションや治療に積極的でない場合に、前向きな意欲喚起を促します。

4.疾病治療のための看護ケア

利用者の病状によっては、在宅でも医療処置が必要になることもあります。それをサポートするのも訪問看護の重要な役割の1つです。正しく内服ができているかの確認や内服の指導、床ずれ防止の処置として除圧や減圧、体圧分散や皮膚の保湿と清潔に保つケアなども行います。

他にも以下のような医療的ケアもサポートしてもらえるため、利用者も家族も安心して在宅療養生活を送ることができるでしょう。

  • 血糖測定
  • 採血
  • 摘便・浣腸
  • 導尿
  • 注射(静脈/筋肉/皮下)
  • 経管栄養の管理(胃ろう/経鼻)
  • 人工肛門のパウチ交換
  • 腸ろう/腎ろう/膀胱ろう管理
  • 在宅酸素療法
  • 痰の吸引(口鼻腔・気管切開)
  • 薬剤やスチームの吸入
  • 気管カニューレ管理
  • 永久気管孔管理
  • 人工呼吸器管理
  • ガーゼ交換
  • 点滴/IVH管理(中心静脈栄養)
  • カテーテル管理

5.療養生活のサポート

在宅での療養生活を訪問看護スタッフが包括的にサポートします。具体的には食事や洗面、洗髪の手伝い、口腔内を清潔に保つケア、シャワーや入浴、手浴、足浴などです。

また、着替えや髭剃り、整髪など髭の身だしなみを整えるサポートも行います。他には排泄の介助(オムツ交換やトイレ移動介助)、床ずれ防止のための体位の変換や車いすやベッドへの移乗の介助などです。

6.療養環境のチェックと家族ケア

訪問看護は利用者の生活環境を整えるお手伝いをします。介護する家族の介護相談もその1つです。看護や介護の技術や認知症の正しい知識と接し方を指導したりします。

他には介護保険サービスの手配状況を確認してのアドバイスや、寝室の安全確保や換気・採光・空調の状態などの確認とアドバイスなどです。

また、車イスや杖、介護ベッドなど福祉用品に関する手配状況の確認やアドバイス、オムツやガーゼなどの医療用品の手配のサポート、医療機関で受けた診察や検査の結果を本人や家族にわかりやすく説明するケアも行います。

7.ターミナルケア

「最期の時間を住み慣れた自宅で過ごしたい」そんな利用者をサポートするのも訪問看護です。痛みの緩和を希望される方には、主治医の指示のもとマッサージや鎮痛剤の投与、精神的なケアなどを行います。また、ご臨終前後のお看取りのケアもサービスの対象です。

8.関連サービスやその連携方法の助言

訪問看護を利用される方は、他の介護サービスも受ける方がほとんどです。そのような利用者や家族にさまざまな介護サービスの利用法や連携の仕方について相談にのったり、介護保険や医療保険の説明を行ったりします。また、自治体や医療機関などの相談窓口を紹介することもあるでしょう。

訪問看護の訪問回数は?

訪問看護の訪問回数は、利用者の状態に応じて変化します。介護保険のサービスを受ける場合には、ケアマネジャーがあらかじめケアプランを作成し、それに準じた訪問が行われます。在宅で訪問看護サービスを受ける方は、他の介護サービスを併用している方も多いため、実際の訪問回数は週1~2回程度になるかもしれません。

医療保険の訪問看護を受ける場合は、週1~3回の訪問となります。ただし厚生労働大臣が認める疾病等の患者は週4回以上の利用が可能になります。また特別訪問看護指示書が発行された場合は最長で14日連続の訪問も可能です。詳しい内容は、主治医やケアマネジャー、訪問看護スタッフに確認しましょう。

訪問看護の料金と利用者の費用負担

訪問看護の料金を決める要素は、訪問時間の長さと訪問回数です。また、訪問看護を新規で利用するケースや、緊急時に利用するケースなどの特定の条件で加算が発生します。

介護保険での訪問看護には各内容で「単位」が設定されており、単位あたりの金額に応じて料金が決まるのです。以下の表は、介護保険を使って訪問看護を利用する際の1単位を10円とした場合の料金になります。

地域によっては単位あたりの金額が異なります。詳しくは、ケアマネジャーに確認しましょう。

種別 時間 料金 自己負担額
(1割の場合)※1
看護師
保健師
助産師
准看護師※2
20分未満 3,130円 313円
20分以上30分未満 4,700円 470円
30分以上60分未満 8,210円 821円
60分以上1時間30分未満 11,250円 1,125円
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
1回あたり20分(A) 2,930円 293円
1回あたり40分(A2回) 5,860円 586円
1回あたり60分(A3回)×90% 7,911円 791円

※1負担者の所得によって自己負担額が2~3割になるケースもあります
※2准看護師の場合は、90/100で算定されます

介護保険を利用してさまざまなサービスを利用する際に、介護度で変わってくる自己負担額は以下の表で確認できます。訪問看護の場合もこの限度額内に関しては、自己負担が1割(または所得に応じて2割~3割)です。

介護度 利用限度額 自己負担(1割) 自己負担(2割)
要支援1 50,320円 5,032円 10,064円
要支援2 105,310円 10,531円 21,062円
要介護1 167,650円 16,765円 33,530円
要介護2 197,050円 19,705円 39,410円
要介護3 270,480円 27,048円 54,096円
要介護4 309,380円 30,938円 61,876円
要介護5 362,170円 36,217円 72,434円

医療保険の場合は月間の利用限度額はありません。負担割合は利用者の所得によって異なります。

原則として70歳以上は1割負担で高額所得者は2~3割を負担です。70歳未満は3割負担で、就学前児童は2割負担となります。

また、休日や時間外、あるいは一定時間を超えるサービスに関しては、別途費用が発生します。交通費やおむつ代、亡くなられた際のエンゼルケア(死後の処置)費用は自費負担です。

どちらの保険を利用する場合でも、対象者の介護度と病状、年齢によって自己負担額や看護師の滞在時間、月間利用回数に制限があります。利用の際には、あらかじめ主治医や看護師、ケアマネジャーなどに相談をしましょう。

ここでは、具体例を挙げて訪問看護にかかる費用をシミュレーションしてみます。

【利用者:女性/85歳/独居/要介護3】

転倒による足の骨折で医療機関に入院していましたが、自力で歩けるようになったので退院することになりました。デイサービスと訪問看護サービスを利用しながら、在宅療養を始めました。

自宅では看護師の訪問による入浴介助と、訪問看護ステーションから理学療法士の訪問を受けてリハビリテーションを続けました。

  • 初回加算(初回のみ):3,000円/月
  • 緊急時訪問看護加算(月1回):5,740円/月
  • 看護師による訪問看護(30〜60分未満):8,210円/週
  • 理学療法士によるリハビリテーション(60分): 7,911円/週

このパターンで約1か月(4週間)訪問看護を利用する費用を計算すると、以下のようになります。各サービスを4回/月と想定して計算しましょう。

  • 看護師による訪問看護:8,210円x4回=32,840円
  • 理学療法士による訪問リハビリ:7,911円x4回=31,644円

【4週間で訪問看護にかかる費用の合計】
3,000円+5,740円+32,840+31,644=73,224円
自己負担が1割の場合:7,322円
自己負担が2割の場合:14,644円
自己負担が3割の場合:21,967円

訪問看護を受けるための条件

訪問看護は誰でも受けられるものなのでしょうか。残念ながらそうではありません。サービスを受けるための条件があります。具体的には介護保険を利用するケースと、医療保険の方を利用するケースがあります。

それぞれルールが異なるので、ここでは介護保険と医療保険のそれぞれを使って訪問看護を受けるための条件を紹介しましょう。

介護保険を利用するケース

介護保険で訪問看護を利用するためには、要介護・要支援と認定され主治医が必要性と認めていることが条件です。本人や家族が希望をしても、主治医の指示がなければ訪問はできません。

そのうえでケアマネジャーがケアプランを作成し、サービスが開始されます。要支援あるいは要介護と認定された人は、サービスの利用にあたって介護保険を優先して利用するように決められています。

医療保険を利用するケース

医療保険で訪問看護を利用するケースは大きくわけて3つです。

  • 訪問看護の対象であるが、介護認定を受けていない場合
  • 要介護認定を受けているが、悪性腫瘍末期などの「厚生労働大臣が定める疾病等」に該当する場合
  • 要介護認定を受けているが、急性増悪などで特別訪問看護指示書が交付されている場合

在宅療養の中で重い疾患を抱えていたり、重大な局面におかれている方が多いです。

なお、介護保険と医療保険の訪問看護を、同時に使うことはできません。

自費で訪問看護を利用するケース

公的な訪問看護(介護保険もしくは医療保険のどちらかを利用したもの)には、要介護度や症状の重さや疾病の種類、年齢などによって利用可能な回数および時間数に制限が設けられています。

症状が重篤な方やマンパワーが不足している家庭では、公的サービスだけでは充分なサポートが得られない場合もあるでしょう。

また「定期的な医療処置が必要だが、どうしても泊りがけで旅行に行きたい」ということもあるかもしれません。

このような公的サービスでは補いきれない部分に関して、自費のサービスで足りない面を補うことが可能です。自費サービスが可能かどうかは訪問看護ステーションに問い合わせてみましょう。

サービスの利用には訪問看護指示書が必要

訪問看護サービスを受けるためには、訪問看護指示書が必要です。

それがどのように誰によって発行されるのか、そして交付を受ければ、公的なサービスとしてどのくらいの回数の訪問看護サービスが受けられるのかについて解説しましょう。

訪問看護ステーションは、主治医の指示のもとに利用者の医療的ケアを行います。その内容がまとめられたものが訪問看護指示書です。訪問看護指示書には指示期間があり、最大で6ヶ月です。

期限が来た際に利用者が訪問看護サービスの継続を望んでいる場合は訪問看護師から新たな指示書の交付を主治医に依頼することになるでしょう。

主治医は診察の結果と看護師からの報告書、ならびに訪問看護計画書をもとにして、訪問看護が必要かどうかを判断します。

特別訪問看護指示書があれば頻回な訪問も可能

特別訪問看護指示書が交付されるのは、病状が急変した場合や終末期、あるいは退院直後などです。介護保険による訪問看護利用者に特別訪問看護指示書が交付されると、医療保険による頻回な訪問が可能になります。

通常の訪問看護指示書も必要であり、2つの指示書は同じ医師によって発行されます。特別訪問看護指示書の指示期間は最大で2週間です。また月1回の交付が原則とされています。

例外として月2回までの交付を受けることができるのは、気管カニューレを使用している場合と真皮を超えるレベルの床ずれがある場合です。月2回の交付があれば、集中的に手厚い看護を受けることができます。

訪問看護で在宅療養の負担を和らげ快適に

訪問看護は利用者の尊厳を保ちつつ、健康のチェックや療養生活のためのアドバイスから、医療的ケアやメンタルケア、関連サービスとの連携などまで手厚いサポートを受けることができる介護・医療サービスです。

サービスの利用は介護保険の要介護認定を受けてから始めるのが一般的です。ただし、利用者の状態の変化に合わせ、医療保険に切り替えたり訪問回数を増やしたり、比較的柔軟な対応ができるのが訪問看護の特徴でもあります。

訪問看護はルールが複雑です。主治医やケアマネジャー、看護師などに相談することで上手に活用できます。利用者だけでなく家族も含めて在宅療養の負担を和らげ、快適な療養生活を送りましょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長