お役立ちコラム

ペットとの暮らしは、高齢者にさまざまな健康効果をもたらします。生活に張り合いが生まれ、認知症予防にもつながることがポイントです。今回は、ペットが高齢者に与える健康効果について紹介します。お互いが幸せに暮らすための注意点も、ぜひ参考にしてください。

ペットが高齢者に与える5つの健康効果

犬や猫をはじめとするペットは、高齢者に5つの健康効果をもたらすといわれています。

  • 効果1.幸せホルモンが分泌される
  • 効果2.独居生活でも話し相手ができる
  • 効果3.規則正しい生活が送れる
  • 効果4.記憶力が向上する
  • 効果5.五感が刺激される

かわいいペットとの暮らしには、誰もが心を癒されるもの。それは高齢者も例外ではありません。癒し以外にも得られるさまざまな効果について、ひとつずつ確認していきましょう。

効果1.幸せホルモンが分泌される

人がペットと見つめ合うとき、脳の下垂体からは「オキシトシン」が分泌されます。オキシトシンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、心を癒したり、身体の痛みを和らげる効果があるものです。

ペットの癒し効果は高く、犬と見つめ合ったときのオキシトシンの分泌量は、通常の3倍以上だといわれています。人の心の動きを機敏に感じ取りそっと寄り添う犬や猫は、高齢者にとってより大きな存在となるでしょう。

効果2.独居生活でも話し相手ができる

ペットとの暮らしは、名前を呼んだり話しかけたりと、高齢者に発語の機会を与えてくれます。犬や猫は決して言葉は話せません。しかし、飼い主の問いかけには仕草や態度でしっかりと応えてくれます。

特に、独居で暮らしている高齢者は、他者とのコミュニケーションの機会が少なくなりがちです。コミュニケーション不足から、孤独や不安を感じることもあるでしょう。

犬を散歩していれば、同じ時間に散歩をする飼い主と顔見知りになる機会が得られるかもしれません。引きこもり予防にもつながるなど、独居の高齢者にとってさまざまなメリットがあると考えられます。

効果3.規則正しい生活が送れる

ペットと暮らしていると、えさやりや水かえ、トイレ掃除いった世話をするうちに、自然と規則正しい生活が送れるようになります。まだ眠たいと思っていても、お腹をすかせたペットが起こしてくれることもあるかもしれません。

犬と暮らすのであれば、毎日の散歩が必要です。日中の運動量が増えれば、夜はぐっすりと眠れます。ペットの世話をすることで、体力が維持されるという効果も得られるでしょう。

効果4.記憶力が向上する

「何時にえさをあげるのか」「どのくらいあげるのか」といった世話を日常的に繰り返していると、自然と記憶力が向上します。

高齢になり身体能力が衰えると、他者の手助けを受ける機会が多くなるものです。そのなかで能動的にペットの世話をすることは、高齢者に自尊心を芽生えさせます。「世話をしなくては」と日々に張り合いができれば、認知症予防にもつながっていくでしょう。

効果5.五感が刺激される

ペットと目を合わせ、鳴き声に耳を傾け、やわらかな被毛を撫でる。ペットとの暮らしは、常に高齢者の五感を刺激します。ペットの体温を肌で感じたり、においを感じたりする機会も増えるでしょう。

これらの刺激は、独居生活ではなかなか得られないものです。ペットは癒しの存在であると同時に、高齢者の脳の活性化に効果的な存在であるといえます。

ペットと高齢者の暮らしで考えられる2つの問題点

ペットと高齢者が心地よく暮らすためには、次の2つの問題点について理解しておく必要があります。

  • 問題点1.ペットが高齢化すると世話が大変になる
  • 問題点2.高齢者に何かあったときに世話ができない

人間に癒しを与えてくれるペットも、命ある生き物です。一緒に暮らす際は、これらの問題点をふまえたうえで飼育を検討しましょう。

問題点1.ペットが高齢化すると世話が大変になる

ペットフードの改良や動物医療の進歩により、ペットも高齢化が進んでいます。犬や猫の平均寿命は、14歳から15歳。そのため、高齢者がペットを飼うときは、先々のことまで考えておかなくてはいけません。

人間と同様に、ペットも高齢になるほど多くのサポートが必要です。猫や犬にも認知症があり、夜間泣き続けたり、寝たきりになったりする可能性があることも理解しておきましょう。

問題点2.高齢者に何かあったときに世話ができない

高齢者がペットを世話する場合、飼い主に何かあったときに世話をする人がいないという問題が出てきます。今は大丈夫と思っていても、転倒事故や体調不良はいつ起こるかわからないものです。

近年は、高齢者の突然の入院でペットが取り残されてしまうケースも増えています。また、介護保険サービスのひとつである訪問介護では、利用者を対象とした支援しかおこなえません。同居家族やペットへのサービスは、対象外であることも覚えておきましょう。

高齢者がペットと暮らすときの3つの注意点

高齢者がペットと暮らすときは、次の3つの注意点をふまえておきましょう。

  • 注意点1.もしもに備えてケージに慣れさせておく
  • 注意点2.世話ができなくなったときのことを考えておく
  • 注意点3.高齢者もペットも感染症予防を心がける

もしもの事態に備えておけば、高齢者もペットも安心した日々を過ごせます。お互いのためにも、飼育前にきちんと確認しておきたいですね。

注意点1.もしもに備えてケージに慣れさせておく

ケージとは、四方を柵で囲い、屋根をつけたペット用ハウスのことです。特に、縄張り意識を持つ犬には、安心して過ごす場所を確保するためにケージが必要だといわれています。

ケージに慣れさせておけば、自宅を訪れる来客者に吠えて近づいたり、じゃれついたりといった心配がありません。訪問介護員が訪れるときも、ペットをケージに入れておけば安心ですね。

また、ケージは災害時に避難場所で過ごすときにも役立ちます。ケージと同時に、ペットを入れて運ぶペットキャリーに慣れておくとより安心です。

キャリーは一緒に避難をするときはもちろん、動物病院に連れていったり、一時的に誰かに預けたりするときにも役立つため、普段から中に入る練習をしておきましょう。

注意点2.世話ができなくなったときのことを考えておく

免疫力や体力が低下しがちな高齢者は、健康に問題が起こるリスクが高くなります。ペットを飼う際は、自分で世話ができなくなったときのことを考えておきましょう。

今は体力に自信があっても、何らかの病気をきっかけに日々の世話が大変になるかもしれません。入院が必要になった場合に備え、一時的な預け先を見つけておくと安心です。親戚や知人のほか、ペットシッターやペットホテルも預け先として考えられます。

また、長期的に世話ができなくなったときの備えとなるのが「ペット信託」です。相談先は行政書士や保険会社となるため、さまざまな方面から万が一の備えを検討しておきましょう。

注意点3.高齢者もペットも感染症予防を心がける

感染予防は高齢者とペット、双方にとって大切です。猫は、屋外に出すと感染症にかかるリスクが高まります。室内飼いを徹底し、ワクチン接種を心がけましょう。犬も同様に、狂犬病予防接種や混合ワクチン接種が必要です。

また、高齢者の免疫力が低下していると、少しのケガから感染症を引き起こす恐れがあります。ひっかき傷ができないよう、猫の爪は定期的なお手入れが必要です。

さらに、飼い主の傷口に付いたペットのだ液が感染症の原因となるケースもあります。口内の健康が全身の健康につながるのは、ペットも人も同様です。お互いの健康ためにも、日頃からペットの口腔ケアを心がけましょう。

ペットと高齢者の暮らし3つのチェックポイント

ペットと暮らす高齢者の自宅を訪れるとき、次の3つのポイントをチェックすることで、健康状態や生活状況を把握できます。

  • ポイント1.ペットに毛玉ができていないか
  • ポイント2.水や食器がきれいかどうか
  • ポイント3.近所から苦情がきていないか

遠方に高齢の家族が暮らす場合は、地域の方や訪問介護員に「これらのポイントに注意してほしい」と伝えておくのも良いでしょう。

ポイント1.ペットに毛玉ができていないか

犬や猫の毛は、定期的に手入れをしないと毛玉ができてしまいます。ペットの毛玉は、ブラッシングが行き届いていない証拠です。

特に、これまできれいに手入れしていたのに毛玉ができているときには要注意。高齢者の体調に何らかの変化が起きているのかもしれません。本人に変わりがないか尋ねたり、生活の様子を確認したりしてみましょう。

ポイント2.水や食器がきれいかどうか

ペットの健康のためには、きれいな水を常備してあげる必要があります。水の容器にはすぐに被毛やほこりが浮いてしまうため、1日に何回か取り換えてあげなくてはいけません。ペットフードを入れる食器も、使うたびに洗ってあげると良いでしょう。

水の容器がからっぽだったり、食器が汚れている場合は、何らかの理由で世話が行き届いていない可能性があります。特に食事は飼育の基本となるため、高齢者の生活環境を判断する大きな基準となるでしょう。

ポイント3.近所から苦情がきていないか

「鳴き声がうるさい」「糞尿の始末ができていない」など、今までにない苦情が近所から来た場合は、高齢者の生活に何らかの変化があったのかもしれません。世話が行き届かないストレスで、ペットの鳴き声が増した可能性も考えられます。

近所から「散歩の姿を見かけなくなった」と言われたときも要注意です。身体状況に変わりがないか、本人によく確認してみましょう。

将来を見据えペットも高齢者もしあわせな毎日を

ペットとの暮らしは、高齢者の健康にさまざまな効果をもたらします。近年はペットも高齢化しているため、先々に備えておくとより安心です。

万が一のときに頼れる場所を見つけておくことは、ペットのためでもあり、飼い主のためでもあります。お互いの将来を見据えておけば、より充実した幸せな毎日を過ごすことができるでしょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長