お役立ちコラム

介護する家族の体力が衰えてくると「最期のときをどう迎えるのか」と悩む方も多いのではないでしょうか。特に、延命治療をするか否かを選択する場面では「尊厳死」という言葉を耳にすることもあるかもしれません。こちらの記事では、尊厳死の内容について詳しく解説。看取り介護といわれる終末期ケアについても紹介していきます。

「尊厳死」とは?

人生の終末期を迎えたとき、延命治療を望むのか望まないかは人それぞれです。「尊厳死」とは、延命治療はしないという本人の意思を尊重し、自然な形で死を迎えることを意味します。

延命治療を望まない高齢者は全体の9割以上

平成27年の「高齢社会白書」によると、「延命治療は行わず、自然にまかせてほしい」と望む高齢者は全体の91.1%です。また、半数以上が最期を自宅で迎えたいと回答しています。
医療技術が進歩した現代社会では、人工呼吸器の装着や胃ろうの増設などによって、危機的状態を回避できることがあります。しかし、突然の出来事に動揺し、判断にとまどうことも少なくありません。そのため、本人の希望に沿った選択がなされないケースもあると考えられています。

尊厳死の意思表示「リビングウィル」

尊厳死を希望していても、終末期には意思表示ができなくなっている可能性もあります。「リビングウィル」とは、元気なうちに自分の意思を残しておくことです。
家族にとっても、延命治療をするかしないかの判断は難しいもの。あらかじめ自分の意思を表明しておけば、いざというときに役立てることができます。

リビングウィルを行うには?

リビングウィルは、書面によって残すことができます。具体的な方法は、日本尊厳死協会が発行する「終末期医療における事前指示書」と、公証人が作成する「尊厳死宣言公正書」です。それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

事前指示書

「終末期医療における事前指示書」は、日本尊厳死協会が発行している書面です。「死期を引き延ばすためだけの延命措置は希望しないこと」「苦痛をやわらげるために、緩和医療を希望するか否か」など表明することができます。また「私の希望表明書」として「最期に過ごしたい場所はどこか」「大切にしたいことは何なのか」など、具体的な内容を示す書類も付随しています。

尊厳死宣言公正証書

法律のプロである、公証人が作成する文書が「尊厳死宣言公正証書」です。記載内容に法令違反がないかを確認しながら作成するため、信頼性や安全性の高い文書であるといえるでしょう。内容は、延命治療を拒否することや、尊厳死を容認した家族や医師に責任を求めないことなど。こちらは、公証役場で作成可能です。

リビングウィルの内容は変更できる

終末期に対する考え方は、時間とともに変化する可能性もあります。そのため、リビングウィルの内容はいつでも破棄・撤回することが可能です。健康なときは、年のはじめや誕生日など決まった時期に自分の意思を確認しておくとよいでしょう。治療中であれば、医師や家族と相談しながら方針を定めていくことが大切です。

介護現場における尊厳死のあり方

高齢化社会が進むにつれ、終末期支援のニーズはさらに拡大しています。「自分らしい最期」を支援するために、平成27年度の介護報酬改定から構築化されたのが「看取り介護」です。看取り介護を実施するためには、リビングウィルや終末期ケアのあり方について、社会で広く周知されたうえで同意を得ることが大切だといわれています。

看取り介護とは?

看取り介護とは、近い将来、死が避けられないとされた方に行う介護です。身体的・精神的苦痛を緩和しながら最期まで尊厳ある生活ができるよう、日々の生活をサポートします。特別養護老人ホームおよび老人保健施設では、看取り計画を立てる割合が半数以上。自宅での最期を希望する方の、在宅生活を支える役割も担っています。

看取り介護の流れ

看取り介護は、本人や家族が施設の理念や介護指針について同意したうえで行われます。その際に作成するのが「意思確認書」です。意思確認書に記載されているのは、急変時に延命処置を希望するのか、口から食事を摂取できなくなったときにはどうするのかといった項目。これらの内容は、安定期から不安定期を経て、回復が見込めない看取り期にいたるまで随時本人に確認する必要があります。

看取りのあとは、必要に応じて葬儀社の手配や諸手続きを支援するほか、家族の心理的ケアにあたります。尊厳ある終末期を支える看取り介護は、医療・看護・介護の連携によって行われる「ケアの集大成」ともいえるでしょう。

自分らしい最期を迎えるために

医療技術の進歩にともない、日本人の平均寿命は年々長くなっています。しかし、同様に介護が必要な方も増加し、健康寿命との間には大きな開きがあるといえるでしょう。介護は、高齢者の自立した生活を支援することを目的としています。尊厳死は、その先にある最期のときを自分らしく迎えるためのものです。延命治療を希望しない方は、家族や医師とともに書面の作成について検討してみてはいかがでしょうか。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長