お役立ちコラム

冬の寒い時期になると、高齢者の健康に不安を抱える方も多いのではないでしょうか。急激な気温の変化は、高齢者の心臓に大きな負担をかける可能性があります。また、空気の乾燥は、命にかかわる感染症や肌トラブルを引き起こすこともあるのです。

特に、暖かい部屋から寒い場所へと移動する機会の多い、在宅介護の現場は要注意。こちらでは、寒さから高齢者の健康を守るため、冬場の健康リスクと介護対策を紹介します。

寒さが高齢者の体に与える影響

冬の寒さや乾燥は、高齢者の体にさまざまな影響を及ぼします。特に注意したいのが、冬場に流行する感染症や、寒暖差が身体に与えるストレスです。冬の乾燥した空気は肌トラブルを引き起こすだけでなく、ウイルスが浮遊しやすい環境を作り出します。そのため、寒い時期には季節性インフルエンザや風邪の予防を心がけなくてはいけません。

また、急激な気温の変化が引き起こすのが「ヒートショック現象」です。特に、部屋ごとに気温が異なる在宅介護の現場では、正しい知識をもとにヒートショックを予防する必要があります。

冬場に激増「ヒートショック」とは?

ヒートショックとは、急激な気温差によって血圧が変動し、心筋梗塞や脳梗塞、めまいといった健康被害を起こす現象です。冬場の家庭では、気温の低いトイレや浴室、脱衣所でヒートショックのリスクが高まります。

暖かい部屋から脱衣所へ移動し、服を脱いだ時に体が震えたことはないでしょうか。この気温差こそが、ヒートショックを引き起こす原因。寒さを感じた体は、熱を逃さぬよう血管を縮ませ、皮膚の下に流れる血液量を調整します。結果的に血液が流れにくくなり、血圧は急上昇するのです。

その後、温かい湯につかると血管は拡張し、今度は血圧は急降下します。このような血圧の大幅な変動は、排便によって血圧が上下する冬場のトイレでもみられる現象です。血圧の急激な上昇は心筋梗塞や脳梗塞、低下はめまいや失神の原因となります。消費者庁の調査によると、平成30年に「不慮の事故及び溺死」で亡くなった高齢者の数は約7,000人。東京消防庁の救急搬送人数のデータでは、11~3月の冬季がもっとも発生率の多い時期となります。

高齢者をヒートショックのリスクから守るためには、居室による温度差をなるべく少なくすることが大切。空気が冷え込む朝方のトイレや夜の脱衣所などは、特に気を付ける必要があります。

【参考】消費者庁「みんなで防ごう高齢者の事故!」

寒い時期の健康リスク

寒い時期に考えられる高齢者の主な健康リスクが次の5つです。

  • 1.感染症
  • 2.肩や腰、膝の痛み
  • 3.脱水
  • 4.皮膚の乾燥
  • 5.脳卒中・心筋梗塞

寒い時期に高齢者の健康を守るためにも、それぞれのリスクについて正しい知識を身につけておきましょう。

リスク1.感染症

寒い時期に流行する感染症が、季節性インフルエンザや感染性胃腸炎などです。季節性インフルエンザの流行は例年12月頃から始まり、1~2月にピークを迎えます。また、同時期に流行をみせるのが、ノロウイルスを原因とする感染性胃腸炎。いずれも高齢者が感染した場合は重篤化しやすいため、寒い時期にはしっかりと予防する必要があります。

リスク2.肩や腰、膝の痛み

寒い時期に高齢者に起こりやすいのが、肩や腰、膝といった関節の痛みです。寒さにより体がこわばると、血液の巡りが悪くなり血行不良を引き起こします。結果、酸素や栄養素の循環が滞り、体は老廃物がたまりやすい状態に。筋肉はさらに固くなり、負担がかかる関節に痛みが発生してしまうのです。ひどくなると腫れをともない、炎症へとつながる可能性もあります。

リスク3.脱水

「脱水」というと、汗をかく夏をイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし、空気が乾燥し、夏に比べ水分摂取が少ない冬場もまた、高齢者にとって脱水症のリスクが高まる季節です。特に、気密性の高い近年の住宅は、暖房器具の使用で湿度が下がりやすい傾向にあります。乾燥した環境では皮膚や粘膜、通常の呼吸から水分が失われるため、高齢者は冬場も脱水症状に注意するようにしましょう。

リスク4.皮膚の乾燥

加齢で皮脂の分泌が減った高齢者の肌は、外部刺激から肌を守るバリア機能が低下した状態です。冬場の乾燥は、バリア機能の低下した高齢者の肌にさまざまなトラブルを引き起こします。肌がかさつき粉をふいたような状態になる「老人性乾皮症」は、代表的な肌トラブルのひとつ。かゆみから皮膚をかいて炎症を起こすと、新たな湿疹や細菌感染へとつながる恐れもあります。

リスク5.脳卒中・心筋梗塞

脳卒中は、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血の総称です。頭痛やめまい、ろれつが回らないといった身体症状が突然起こり、速やかに治療する必要があります。また、心筋梗塞は心臓に酸素と血液を送る冠動脈が固くなり、心臓が壊死してしまう疾患です。いずれも命にかかわる恐れがあり、高血圧が大きな原因のひとつとされています。

寒い時期に心がけたい介護のポイント

寒い時期の健康リスクから高齢者を守るためには、日々の介護で気を付けたい5つのポイントがあります。

  • 1.部屋の湿度を保つ
  • 2.マスクを着用しうがい手洗いを徹底
  • 3.適度な運動を心がける
  • 4.水分とタンパク質を摂取
  • 5.入浴時の事故には特に注意

特に、湿度や温度が変わりやすい家庭では健康リスクが高まるため、高齢者が健康に過ごせるような対策を心がけましょう。

ポイント1.部屋の湿度を保つ

冬場の乾燥は、感染症や肌トラブルのリスクを高めます。特に、暖房器具を使用している部屋で長時間過ごす際は加湿が大切です。空気が乾燥するとウイルスが浮遊しやすくなるだけでなく、のどや鼻の粘膜の防御機能が低下してしまいます。インフルエンザ予防のための適度な湿度は、50~60%。カビ発生の原因となるため、湿度は高くなりすぎないように気を付けましょう。

ポイント2.マスクを着用しうがい手洗いを徹底

寒い時期に流行する感染症を予防するためには、手洗いや手指の消毒が何よりも大切です。トイレのあとや食事前の手洗いは、ノロウイルス食中毒の予防に効果的。インフルエンザ予防のためには、外出後にしっかりと手洗いするよう心がけましょう。また、マスクの着用は他者へ感染を広げないだけでなく、のどの保湿効果も期待できます。

さらに、うがいには科学的なインフルエンザの予防効果は証明されていないものの、一般的な風邪などを予防する効果があるといわれています。抵抗力が弱まると感染症にかかるリスクも高まるため、高齢者・介護者ともに、冬場はマスク着用とうがい手洗いを徹底しましょう。

【参考】首相官邸「インフルエンザ(季節性)対策」

ポイント3.適度な運動を心がける

関節痛を予防・改善するためには、体を温める必要があります。寒い時期には家にこもりがちですが、なるべく体を動かし、血行を促進するよう心がけましょう。悪天候で外に出られない時には、室内でかんたんなストレッチをするのもおすすめ。腕や肩、足首など回すのも効果的です。

ポイント4.水分とタンパク質を摂取

のどが渇きやすい夏に比べ、冬場は水分補給の回数が少なくなりがちです。特に、暖房器具を使った部屋で長時間過ごしていると、冬場でも脱水症状を引き起こす可能性があります。脱水は脳梗塞や心筋梗塞の引き金にもなり得るため、特に注意が必要。冬場でものどの渇きを感じる前に、コップ1杯程度の水分を摂取するよう心がけましょう。冷たい水は飲みづらいという時には、温かい白湯もおすすめです。脱水を防ぎつつ、体を温める効果も期待できます。

また、タンパク質の摂取は免疫力低下を防ぐだけでなく、低栄養の予防にもつながります。皮膚はタンパク質から合成されているため、タンパク質の適切な摂取は肌トラブル改善にも効果的であるといえるでしょう。

ポイント5.入浴時の事故には特に注意

冬場の浴室は、高齢者の不慮の事故や溺死のリスクが高い場所です。ヒートショックを起こさないためにも、入浴前には浴室や脱衣所を温め、居室との気温差を小さくする必要があります。湯温は熱すぎない41℃以下に設定し、入浴時間は10分前後にするのがポイント。心臓への負担を軽減するためにも、入浴前の飲酒は控え、いきなり肩までつからず半身浴から始めるようにしましょう。

まとめ

冷えや乾燥が気になる冬場は、高齢者にとって健康リスクが高まる季節です。血圧の変動を予防するためには、急激な気温差を防ぐ必要があります。感染症や肌トラブルを防ぐためには、一定の湿度を保つこともポイント。さらに、日々の手洗いと栄養のある食事で免疫力の低下を防ぎながら、寒い時期も健康に過ごせるように心がけましょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長