お役立ちコラム

近年注目されているオンライン介護相談。実際にこのサービスを導入しているところは多くないため、「初めて知った」という人もいるかもしれません。

介護に関する相談は、ケアマネージャーや地域包括支援センターで行うものだと思われがちです。しかし、うまくオンライン介護相談を活用すればあなたの介護生活をより便利で快適なものにできるでしょう。

ここでは、介護オンライン相談の概要や、サービスを利用するメリットや注意点について、詳しく説明します。

注目のオンライン介護相談とは?

最近注目を集めている「オンライン介護相談」は、介護に関する不安や悩みを、インターネットを利用して介護の専門家に相談できるサービス。

自宅にいながら専門家に介護相談ができるため、外出の負担を最小限に抑えつつ、安心して介護生活を送ることができるのが魅力です。

インターネットが急速に普及する中で、今後はオンライン介護相談サービスを提供する企業がますます増え、実際に介護生活に取り入れる家庭が増えてくるでしょう。

オンラインで介護相談をするメリット

オンラインで介護相談をすることには、以下の4つのメリットがあります。

  • 1.スムーズにシステムを導入できる
  • 2.時間や場所を選ばず専門家に相談できる
  • 3.相談方法が選べる
  • 4.画像や文章を確認してもらえる

これらのメリットを知っておけば、介護生活にオンライン介護相談を取り入れることによる安心で快適な介護生活をイメージできるようになるでしょう。

ここからは、オンラインで介護相談をするメリットについて、詳しく説明します。

メリット1.スムーズにシステムを導入できる

1つ目のメリットは、スムーズにシステムを導入できること。パソコンやタブレット、スマートフォンといった通信端末とインターネット環境さえあれば、誰でもスムーズにシステムを導入できます。

中には「端末の操作が不慣れで心配」という人もいるかもしれません。しかし、サービスを提供してくれる会社の多くは、オンライン介護相談をスムーズに導入できるよう、丁寧なサポート体制が整っています。

初心者でも分かりやすく教えてもらえるので、サービスを利用開始するまでの負担がかかりにくいのが魅力です。

メリット2.時間や場所を選ばず専門家に相談できる

2つ目は、時間や場所を選ばず専門家に相談できること。自宅からはもちろん、会社などの自宅外からでも、インターネット環境と通信端末さえあれば気軽に相談できます。

サービスが提供されている時間内であればいつでも相談できるので、仕事の休憩時間や介護がひと段落した時間など、あなたのライフスタイルに合わせた時間帯で相談できるのが魅力です。

メリット3.相談方法が選べる

3つ目は、相談方法が選べることです。オンライン介護相談では、主に介護の専門家とインターネット上で対面または通話をすることで、介護上の悩みや不安を相談します。

しかし、相談者によっては「電話で相談するのが苦手」、「伝えたい内容をうまくまとめられない」という人も…。

オンライン介護相談では、通話だけでなくチャット機能を設けているものもあるので、時間をかけて相談内容をまとめて、文章で相談することも可能です。

チャットであれば24時間受け付けてもらえるので、夜になって急に相談したくなった場合でも、すぐに連絡できるのがメリットになります。

メリット4.画像や文章を確認してもらえる

4つ目は、画像や文章を確認してもらえることです。オンライン介護相談では、介護の専門家と口頭で悩みを相談して助言を受けるだけだと思われがち。

もちろん口頭での相談にも対応していますが、オンライン介護相談では、患部や介護用品の画像や写真、介護サービス提供者や行政からもらった書類などをデータとして添付できます。

それらの情報を共有しながら話を進められるので、相談を受ける介護の専門家は、よりあなたの状況を具体的にイメージしてアドバイスできるのです。

オンライン介護相談の機能をうまく利用することで、個別的なアドバイスを受けられるようになるので、介護生活の困りごとを最小限に抑えた生活を送れるようになるでしょう。

オンラインで介護相談をする際の注意点とは?

オンラインで介護相談をする際の注意点は、以下の5つです。

  • 1.セキュリティがしっかりしているかを確認する
  • 2.利用できる回数を確認しておく 
  • 3.どのような人が相談に乗ってくれるのか知っておく
  • 4.費用について事前に確認しておく 
  • 5.対応している相談内容を確認しておく

これらの注意点を知っておかなければ、相談中に思わぬトラブルが発生してしまい、悩みを増やしてしまうことにつながりかねません。

ここからは、オンラインで介護相談をする際の注意点について、詳しく説明します。

注意点1.セキュリティがしっかりしているかを確認する

1つ目は、セキュリティがしっかりしているかを確認すること。セキュリティがしっかりしていないサービスを利用すると、あなたの大切な個人情報や相談内容が外部に漏れてしまいかねません。

利用するオンライン介護相談サービスによっては、相談内容をインターネット上で公開するところもあるかもしれないので、個人情報をどのように管理しているかをあらかじめ確認しておきましょう。

また、安心してオンライン介護相談を利用するためには、利用する通信機器のセキュリティシステムがしっかりしているかを事前に確認しておくことも大切。

どれだけセキュリティシステムの整ったオンライン介護相談を利用したとしても、サービスを利用する側のセキュリティシステムがしっかりしていなければ、情報が外部に漏れてしまう可能性があります。

コンピューターウイルス対策など、情報漏洩につながるリスクを抑えた仕組みを整えておきましょう。

注意点2.利用できる回数を確認しておく 

2つ目は、オンライン介護相談を利用できる回数を確認しておくこと。相談回数の上限に達してしまうと、次の相談できなくなってしまうからです。

「いつでもどこでも相談できる」と謳っているサービスがあったとしても、相談回数に上限を設けている可能性はあります。

サービスに登録する前に相談回数について確認しておけば、相談したい内容に優先順位をつけて、重要度の高いものから計画的に相談できるようになるでしょう。

注意点3.どのような人が相談に乗ってくれるのか知っておく

3つ目は、どのような人が相談に乗ってくれるかを知っておくこと。介護相談に乗ってくれる人が、相談内容に関するプロフェッショナルでなければ、受けられるアドバイスが一般的な内容になってしまったり、見当違いな助言を与えられてしまったりする可能性があるからです。

薬について相談したいのに薬剤師が在籍していなかったり、ケアプランについて相談したいのにケアマネージャーが在籍していなかったりすると、納得できるようなアドバイスが受けられず、時間や費用の無駄になってしまいかねません。

オンライン介護相談サービスを提供する会社によって、在籍しているスタッフの職種や人数が異なります。そのため、どのような職員体制で相談を受けているのかを事前に確認しておきましょう。

注意点4.費用について事前に確認しておく

4つ目は、費用について事前に確認しておくことです。オンライン介護相談サービスの提供会社によって、設定している費用が異なります。

どのオンライン介護相談サービスを選べば良いか分からないからといって、適当なサービスを選んでしまうと、相談費用が思った以上に高額になってしまい、家計の負担を増やしかねません。

月々の定額払いになっているのか、相談内容や相談時間に応じて料金が変動するのか、といった内容を事前に確認しておくことで、予算を計画しながらサービスを利用できるようになります。

注意点5.対応している相談内容を確認しておく

5つ目は、対応している相談内容を確認しておくことです。オンライン介護相談を提供しているサービス会社によって、得意としている分野が違ったり、そもそも対応していない相談内容があったりします。

病気や疾患について相談したいのに、医師や看護師が在籍していなかったり、介護用品について相談したいのに介護用品について詳しい人が在籍していなかったりすると、せっかくサービスに申し込んだにも関わらず、安心して介護生活を過ごせなくなってしまいます。

そのため、オンライン介護相談サービスに登録する前に、事前に対応している相談内容を確認することで、あなたが気になることや不安に感じやすい内容をカバーしてもらえるかを把握しておきましょう。

オンライン介護相談の具体例を紹介

オンライン介護相談を利用する場合に受けられるサービス例は、以下の5つです。

  • 1.行政手続きのサポート
  • 2.終活サポート
  • 3.ケアプランのセカンドオピニオン
  • 4.保険外サービスのプランニング
  • 5.介護施設の提案

毎日の介護における困りごとを相談できるのはもちろんですが、オンライン介護相談で受けられるさまざまなサービスについて知っておくことも、幅広いサポートを受けながら快適な介護生活を送る上で重要です。

ここからは、オンライン介護相談の具体例について、詳しく説明します。

具体例1.行政手続きのサポート

1つ目は、行政手続きのサポートです。

介護保険の認定や更新の申請、福祉用具購入費用の支給申請など、介護生活を送る上で行わなければならない行政手続きはたくさんあります。

介護をしながら仕事を行っているご家族も多いため、手続き関係に時間がかかってしまっては、日常生活の負担が大きくなるばかりです。

複雑な行政手続きをサポートしてもらうことで、毎日の介護生活に集中できるようになるでしょう。

具体例2.終活サポート

2つ目は、終活サポートです。

人生の最期を穏やかに迎えるために、何をしておけば良いのかを分かりやすく伝えてくれるので、身辺整理がよりスムーズに進むようになります。

あなたに万が一のことがあった時に何も準備ができていないと、遺されたご家族に大きな負担をかけてしまいかねません。

オンライン介護相談を利用して終活をスムーズに進めるための助言を受けることで、少しずつ身の回りを整理できるようになるでしょう。

具体例3.ケアプランのセカンドオピニオン

3つ目は、ケアプランのセカンドオピニオンです。

作成してもらったケアプランが本当に適しているのか、客観的な視点で評価してくれます。必要に応じて修正を加えることで、より個別性の高い介護サービスが受けられるようになることが期待できます。

「担当ケアマネージャーが作ったケアプランを本当に信頼して良いのだろうか」と不安に思っている人は、一度オンライン介護相談でセカンドオピニオンを受けてみるのがおすすめです。

具体例4.保険外サービスのプランニング

4つ目は、保険外サービスのプランニングです。介護サービスを利用していると、介護保険でまかなえる範囲での介護サービスを提案されがち。

しかし、オンライン介護相談では保険外サービスのプランニングについて、詳しくアドバイスしてくれるところもあります。

柔軟性のあるケアプランを盛り込むことで、より充実した介護生活を送れるようになるでしょう。

具体例5.介護施設の提案

5つ目は、介護施設の提案です。「将来的にどの施設に入ろうか迷っている」「自分に向いている施設はどこだろう」と考える人は多いもの。

オンライン介護相談では、あなたの介護度や理想とする生活に適した介護施設を紹介してくれます。

介護施設に関する情報に詳しいオンライン介護相談サービスを選べば、よりあなた好みの施設を紹介してもらえるでしょう。

あなぶきの介護では、オンライン入居相談の受付にも対応しています。どのような施設を持っているのか、施設内でどのようなサービスが受けられるのか、といったさまざまな悩みや疑問にお答えできるので、よりあなたの理想に近い施設を見つけられるでしょう。

まとめ

ここでは、オンライン介護相談がどのようなサービスであるか、オンライン介護相談を利用するメリットや注意点について説明しました。

あなたの介護生活をより安心で安楽なものにするためには、介護生活にインターネットを取り入れ、不安や悩みをいつでも相談できる仕組みを整えておくことは大切です。

ここで説明した内容を参考にして、オンライン介護相談について理解を深め、サービスをあなたの介護生活に取り入れられるようにしておきましょう。

あなぶきの介護では、2020年6月から自宅に居ながら無料相談ができる「オンライン入居相談」のサービスを開始しております。お申し込みは24時間365日いつでも受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長