お役立ちコラム

介護サービスを利用する場合、ケアマネジャーを通して、高齢者の介護度に合わせた適切なサービス内容を計画してもらいます。しかし、ケアマネジャーによっては、高齢者との相性が合わず、思ったようなサービスが受けられなくなってしまう場合もあるのです。

そこで本記事では、納得いくケアマネジャーの選び方や、ケアマネジャーと合わない時の対処方法について詳しく説明します。

納得いくケアマネジャーの選び方とは?

満足できる介護サービスを受けられるようにするためには、ケアマネジャーの選び方を知っておくことが大切です。納得いくケアマネジャーの選び方には、以下の4つのポイントがあります。

  • 1.要介護状態になった家族を任せられる人柄か
  • 2.介護保険についての知識や実践能力があるか
  • 3.信頼と実績のある事業所に所属しているか
  • 4.困った時にすぐに連絡が取れるか

これらのポイントを知っておくことで、適切な方法でケアマネジャーを選べるようになり、介護度に合ったサービスを計画してもらえるようになるでしょう。

選び方1.要介護状態になった家族を任せられる人柄か

1つ目は、要介護状態になった家族を任せられる人柄かどうかです。介護が必要になった時の状況を把握して、高齢者の気持ちに寄り添った介護サービスを計画してもらえるかどうかは、ケアマネジャーの人柄に大きく左右されると言っても過言ではありません。

サービスを利用する側の不安や悩み、介護サービスに求めていることをしっかりと受け止めてくれるのか、分かりやすい説明を心がけてくれるかという点に気をつけて関わるようにしましょう。

選び方2.介護保険についての知識や実践能力があるか

2つ目は、介護保険についての知識や実践能力があるかどうかです。ケアマネジャーという資格を取得するためには、一定の実務経験や知識が必要になります。しかし、ケアマネジャーとしての経験が浅い場合、質問に対して具体的に返答してもらえなかったり、求めていたサービスを計画してもらえないこともあります。

面談する際に、ケアマネジャーとの会話を通して、これまでの実績や介護に対する考え方を確認してみると良いでしょう。

選び方3.信頼と実績のある事業所に所属しているか

3つ目は、信頼と実績のある事業所に所属しているかどうかです。多くのケアマネジャーは、老人保健施設や老人福祉施設などに併設されている居宅支援事業所に在籍しています。

しかし、中には居宅支援事業所として、独立しているケアマネジャーもいます。事業所によっては、安定的な運営ができていないところもあるため、実績の伴った信頼できる事業所であるかを確認することが大切です。

選び方4.困った時にすぐに連絡が取れるか

4つ目は、困った時にすぐに連絡が取れるかどうかです。高齢者の状態によっては、なるべく早く介護度を変更しなければならなかったり、入院している病院から退院できるように調整しなければならなくなります。

このような状況では、ケアマネジャーと密接に連携しながら、段取りを組んで行かなければなりません。何かあった時に連絡が取れないようでは、対応が遅れて困ってしまう場合があるため、連絡が取りやすいケアマネジャーを選ぶことが大切です。

ケアマネジャーが合わない場合の対処方法

サービスを利用している中で、ケアマネジャーとの相性が合わないのではないかと感じる場合があります。適切な対処方法を知っておくことで、納得いくサービスを受けられるようにしておきましょう。

合わない理由を明確にする

なんとなく相性が合わないという理由だけでは、居宅支援事業所も対応しかねる場合があります。

そのため、なかなか連絡が取れない、納得いくサービスを計画してもらえないといった具体的な理由をはっきりさせておくことが大切です。それによって、介護サービスを利用する側の負担に配慮してもらいやすくなります。

ケアマネジャーの変更を検討する

ケアマネジャーが合わないと感じているにも関わらず、無理してケアマネジャーと付き合っていると、介護生活がつらくなってしまいかねません。担当を変更してもらいたい時は、理由を明確にした上で、事業者に伝えましょう。

他の事業所に相談する

担当してもらっている事業所に相談しにくいという場合もあるでしょう。ケアマネジャーが在籍しているところは複数あるため、他の事業所に不安や悩みを相談すれば、客観的な意見を聞くことができます。

ケアマネジャーとの付き合い方も重要

納得のいく介護サービスを利用し続けるためには、ケアマネジャーとうまく付き合っていくことも大切です。

要介護者の疾患だけでなく、性格や趣味・価値観などを総合的に理解してもらうことで、個別的なケアプランを立ててもらいやすくなります。また、不安や悩みを包み隠さず打ち明けるようにすれば、お互いの認識がずれることなく、関係性が続きやすくなるのです。

まとめ

本記事では、納得いくケアマネジャーの選び方や、ケアマネジャーと合わない時の対処方法について、詳しく説明しました。

あなぶきの介護では、ケアマネジャーの具体的な仕事内容について、「ケアプランの作成」や「ケアマネジャーのしごと」としてご紹介しております。ご興味のある方はぜひご覧ください。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら