お役立ちコラム

多くの方々が「老後は老人ホームで安心して暮らしたい」と考えているなか、豊かな老後を過ごせるかどうかは、理想的な老人ホームに入居できるかどうかで大きく左右されます。老人ホーム選びで老後の豊かさは決まる……といっても過言ではありません。
とはいうものの、現在、日本にはたくさんの老人ホームがあり、施設選びに悩んでしまうという方も少なくありません。一口で老人ホームとはいってもさまざまな種類があるため、「どんな施設を選べばいいのか?」、「何を基準に選べばいいのか?」と迷ってしまう方は多いでしょう。
そこで今回は、理想的な老人ホームの選び方についてご紹介します。

■まずは情報収集

老人ホームを選ぶ上でまず行うべきことは、「情報収集」です。インターネットを使ったり、自治体の窓口に問い合わせたりすることで、簡単にその地域の施設情報が入手できます。どの地域にどのような施設があるのかなど大まなか情報が把握できれば、次にピンポイントでより具体的な情報を集めていきます。そのためには、「パンフレットや資料」が効果的。パンフレットや資料ではスタッフの勤続年数や人数など、電話での問い合わせや見学だけでは知ることのできないより具体的な情報を知ることができます。スタッフの勤続年数の長さは労働環境に比例している場合も多く、その施設の質を見極めるのに役立ちます。また、料金体制や支払い方法、サービス内容や退去時の返還金の有無なども明確に知ることができるため、パンフレットや資料は必ず請求するようにしましょう。

■希望条件を明確にする

理想的な老人ホームに入居するためには、「希望条件を明確にすること」が大切です。希望条件があいまいであれば、それに応じてあいまいな施設を選んでしまいがち。入居して後々後悔するのは避けたいもの。施設やスタッフに対する希望条件をしっかりと明確にし、それに応じた最適な施設を選ぶようにしましょう。パンフレットや資料を見たり見学したりする場合は、希望条件を押さえた上で見るということも大切です。

■実際に見学してみる

介護

介護
理想の老人ホーム選びには、「見学」も不可欠です。実際に施設を見学してみることで、その施設の本当の良しあしを肌で感じることができます。これからの一生を過ごすかもしれない施設でもあるため、実際に目で見て、肌で感じて選ぶようにしましょう。
見学する際の主なチェックポイントは、以下の通りです。

・施設設備のチェック
入居する部屋や収納スペースの広さ、トイレや浴室、洗面台など部屋にある設備の充実性、洗濯物を干すスペースの有無など、居住スペースや設備のチェックは大切です。他にも、部屋のカギや緊急通報装置の有無、部屋に不足している部分は共有部で補えているかどうかなどのチェックも大切です。実際にそこで生活するわけですから、少しでも不満があれば、それはストレスに繋がります。快適で豊かな老後生活を実現するためにも、施設設備のチェックはしっかりと行いましょう。

・スタッフの対応
老人ホーム選びでは、スタッフの対応をチェックすることも大切です。入居後はスタッフと共に過ごすことになるため、気の合うスタッフに囲まれて過ごせることが理想の環境といえます。施設内で豊かに過ごすためにも、スタッフの雰囲気や対応に好感が持てるかどうかをしっかりとチェックするようにしましょう。

・入居者の表情
見学では、入居者の表情を見ることも大切です。入居者の表情に明るさや安心感をみることができれば、その施設では楽しく過ごすことができ、安心して過ごせるということ。ここを見るだけで、スタッフとの関係性を知ることもできます。

理想的な老人ホームを選ぶには、サービス内容や利用料金を見比べることも大切ですが、それ以上に施設の雰囲気やスタッフの対応、入居者の表情を見ることも重要なポイントとなります。老後を豊かに過ごすためにも、しっかりと施設内容を見極め、自分に合った施設を選ぶようにしましょう。

実際のご相談は、お近くの老人ホームまでお問い合わせください。

<老人ホームをお探しのお客様へ>
香川県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

広島県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

愛媛県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

岡山県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

兵庫県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

福岡県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

長崎県の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

鹿児島の有料老人ホームをご検討されているお客様へ

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長