お役立ちコラム

平成29年に厚生労働省が調査した結果、届出をしている有料老人ホームは全国に12,608件あります。その多くは介護を必要としない人でも入居できる「住宅型有料老人ホーム」です。一般的な老人ホームの入居対象年齢は60歳以上なの…

続きを読む

「平成29年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況(内閣府)」によると日本の総人口1億2,671万のうち65歳以上の人口は3,515万人(27,7%)という調査結果が出ています。今後は総人口の減少に対し高齢者の割合が…

続きを読む

有料老人ホームには大きく分けて、国や自治体、社会福祉法人が運営している「公共型施設」と、民間企業が運営している「民間型施設」とあります。その中で、要介護認定度によって受け入れ可能な施設があり、そこから選ぶ基準となるのが、…

続きを読む

遺産相続は必ずしなければならないものではありません。故人が所有していた財産のうちマイナスが多ければ条件付きの相続または放棄を選択することができます。今回は遺産相続をするうえで知るべき相続の種類や内容などをご紹介します。 …

続きを読む

近年「終活」という言葉は一般的になりました。2017年に全国の40代から70代の男女を対象に行われたインターネット調査では、終活という言葉を知っている人は32.3%、実際に終活をしている人は11.3%、終活の内容として最…

続きを読む

  日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳(2016年厚生労働省調べ)です。シニアの悩みで最も多いのが「健康」です。次いで「生活にハリを感じられない」という人も多いようです。今回はそんなシニア世代…

続きを読む

遺産の相続は被相続人(故人)が記した「遺言書の有無」によって決まります。しかし遺言書がない場合は「法定相続人」が遺産を相続する権利を有します。民法で定められた相続順位は ①配偶者 ②子ども ③故人の直系にあたる父母、祖父…

続きを読む

遺品整理とは亡くなった人が残した所有物の仕分け作業のことをいいます。整理する対象は故人が使っていた家財道具、車、不動産、財産などの全てにいたります。故人が賃貸物件に住んでいた場合は「原状回復」といって部屋を借りた時の状態…

続きを読む

20代から50代の若い世代が認識するシニア年齢は63歳です。世間一般が認識するシニア年齢は64.2歳(2017年調べ)、2012年の調査では62.4歳でしたので、なんと1.8歳も上昇しています。しかし60代を迎えても「自…

続きを読む

砂時計と札束

2000年からスタートし、3年ごとに改正されてきた介護保険制度。2017年にも、改正が行われました。2017年に改正された介護保険法のうち、特に利用者に影響のある部分についてご紹介します。これから介護保険が必要になるかも…

続きを読む

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら