お役立ちコラム

pixta_16769823_M

老後暮らしのために非常に重要なもの、それは「お金」。老人ホームに入居するためには、高い入居一時金や月額利用料を支払う必要があります。またセカンドライフを満喫するためには、それなりの出費がかかることも。身寄りがいない人や、…

続きを読む

pixta_25504678_M

少子高齢社会の現在、日本にはたくさんの老人用施設があります。そのなかから入居する施設を選ぶポイントは、サービスの充実や月々かかる費用など、一人ひとり違います。もしも入居者が余生を完全に老人ホームで過ごす予定なのであれば、…

続きを読む

pixta_22208377_M

昨今は高齢者向けの住居が多様化しており、有料老人ホームや、高齢者専用賃貸住宅、軽費老人ホーム、特別養護老人ホームなど、老後の暮らし方の幅がぐっと広がりました。軽費老人ホームにカテゴライズされる「ケアハウス」も、高齢者が入…

続きを読む

1pixta_20329262_M

一口に介護施設とはいっても、その種類はさまざまです。各施設によってサービス内容や利用条件などは異なるため、利用する際にはそれぞれの特徴をよく知っておく必要があります。 そこで今回は、さまざまな介護施設の種類について紹介し…

続きを読む

1pixta_17676708_M

高齢者向けの福祉施設のなかに、軽費老人ホームというものがあります。軽費老人ホームはその名のとおり比較的安価で入居できる老人ホームであり、最低限の生活支援サービスを受けながら自立した生活を送ることができます。 この軽費老人…

続きを読む

02-1

日本は人口に対する高齢者の割合が大きいことから、たびたび介護の問題が話題に取り上げられます。2025年には高齢者人口が人口比30%に達するとされているため、現在介護に携わっていない人にとっても決して無関係ではないのです。…

続きを読む

01-1

日本には要介護者や要支援者を支援するための制度として、介護保険制度があります。介護保険は40歳以上の人が加入者となり、その保険料と税金によって運営されています。介護保険があればさまざまな介護サービスを受けることができるた…

続きを読む

06-1

少子高齢化の影響もあり、日本にはさまざまな種類の介護施設があります。これらの介護施設は入居条件や費用、受けられるサービスなどすべてが異なるため、入居を検討する前にまずは各施設について知る必要があります。 そんな介護施設の…

続きを読む

要介護認定

日本は長寿大国として世界でも有名な国で、その平均寿命は世界一ともいわれています。一昔前と比べると、その差は一目瞭然です。ここ数十年の間に、医療や衛生管理の技術は大きく進歩しているのです。 そんな長寿大国日本ですが、近年は…

続きを読む

介護保険制度

日本の高齢者福祉は、1963年に制定された老人福祉法から始まりました。これにより、特別養護老人ホームの創設や、ホームヘルパーの法制化が行われました。その後も1970年代に老人医療費の無料化、1980年代に老人保健法の制定…

続きを読む

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら