お役立ちコラム

遺品整理

歳を重ねると、そろそろ自分たちの終活のことも考えなければ、と思う時期が来るものです。配偶者や兄弟などに何かあったときには、自分が遺品整理を任されることもあるかもしれません。 ひとりの人が一生かけて手元に置いてきたいろいろ…

続きを読む

契約書

終活のひとつとして忘れてはならないのが、自分に万が一のことがあったときにその後のことを誰に依頼するかを決めておくことです。葬儀や埋葬、親族や友人たちに自分の死について通知するなど、亡くなった後にもしなければならないことが…

続きを読む

葬式

終活の一環として、自分に何かあったときのための費用は自分で用意してあげたいと考える人も多いのではないでしょうか。 どのような葬儀を行うかによっても変わってきますが、葬儀費用は一般的に100万円単位の費用がかかります。 生…

続きを読む

墓

ご先祖が眠るお墓の管理を受け継いできたけれど、子供には負担をかけたくない。 独身で子供がおらず、自分が死んだ後に管理を頼める人がいない。 お墓が遠い場所にあり、なかなか出向くことができずにずっと気になっている。 このよう…

続きを読む

コレクション

近年、遺品整理が注目を集めています。自分の死後に持ち物をどのように整理するかを遺言として残しておかないと、遺族が取り扱いに悩む事態に陥りやすいもの。「故人が大切にしていたものだから」と、処分に悩む遺族が増えているのです。…

続きを読む

パソコン

近年、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデジタル機器の普及に伴い、残されたデータに頭を悩ませる遺族が増えていることをご存知ですか?老弱男女問わずに多くの人々が日常的に使用しているデジタル機器には、膨大な量のデータ…

続きを読む

葬式の花

「直葬」という言葉を聞いたことはありますか?近年、さまざまな事情やお葬式にお金をかけたくないという考えから、直葬が選ばれることが増えてきました。「シンプルにお別れを済ませたい」と考える方たちに選ばれているスタイルですが、…

続きを読む

終活において、自分の希望する葬儀の形式を伝えておくことは一般的によく行われています。それよりもさらに踏み込んだ終活が、生前予約です。生前予約では、自分の葬儀を自分自身でプロデュースすることができます。この記事では、生前予…

続きを読む

一口に葬儀とはいっても、その種類はさまざまです。一昔前までは比較的規模が大きい一般葬が広く行われてきましたが、近年は家族だけで行う家族葬など小規模な葬儀も多くなっています。この記事では一般葬や家族葬、自然葬、散骨など、現…

続きを読む

予期せぬ不動産の相続は、残された家族の迷惑になる可能性があります。どう扱っていいかがわからず、空き家のまま放置されるケースも少なくありません。また、不動産は相続財産であるため、配偶者が無条件で住み続けられるとは限らないと…

続きを読む

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら