お役立ちコラム

もしものときに備えて行う終活。終活には遺言書の作成も含まれます。遺産相続に自身の意思を反映させるためには、法律で定められている作成方法にしたがって作成することが大切です。なぜなら、作成方法が正しくないために遺言書が無効に…

続きを読む

最近よく耳にするようになった「終活」という言葉。「人生の終わりに向けて」と考えるとネガティブに聞こえるかもしれませんが、「人生の終わりに向け、より前向きに残りの人生を生きる」というポジティブな活動です。残された家族のこと…

続きを読む

政府の発表資料によると、いまや高齢者の一人暮らしは男性で10人に1人、女性で5人に1人以上といわれています。そのような中で高齢者の家族として迎えられるのが、ペットです。昔から飼っている、あるいは高齢者になってからパートナ…

続きを読む

突然やってきた家族との別れは、冷静に対応することが難しいもの。だからこそ、少しでも頭を悩ませる事柄は減らしておきたいものです。いざというときに心から悲しみ、ただ純粋に別れの儀式に臨めるように、今のうちにできる準備は済ませ…

続きを読む

自身の財産を親族などに受け渡す方法として、遺産相続や生前贈与があります。近年は税制改正によって相続税の非課税枠が縮小されたこともあって、生前贈与が注目されるようになりました。 生前贈与をうまく活用すれば、多くの財産を相続…

続きを読む

葬儀は、故人を天国へ送り出す大切な儀式です。現在は終活の一つとして、生前に自身の葬儀を行う葬儀場を決定する人も増えています。生前に決定しておくことで、遺族が慌てて葬儀場を探さなくてよくなるため、遺された方の負担を軽減する…

続きを読む

実は、高齢者の6割は生きているうちに葬儀のなんらかを考えているといわれています。しかし、どんなに葬儀のことを考えても、自分の葬儀が本当に決めた段取り通りに行われているかは、自分で見届けることはできません。 ところが、今日…

続きを読む

終活という言葉が少しずつ浸透している近年、葬儀方法やお墓の形、散骨方法など、故人が希望するものを生前に準備しておくことが“前向き”に捉えられるようになりました。遺影写真もそのうちのひとつ。そこで今回は、生前に準備する遺影…

続きを読む

終活で作成する「エンディングノート」という言葉をご存知でしょうか。エンディングノートは、自分にもしものことがあったときに備えて、伝えたいことをまとめておくノートのことです。エンディングノートには感情的なメッセージだけでは…

続きを読む

終活でしておきたいことのひとつに、「お墓選び」があります。 これまで、遺骨は先祖から続くお墓に入れることが一般的でした。しかし、現在は友人と一緒のお墓に入ったり、大好きだったペットと一緒の場所で眠りについたり、納骨の形式…

続きを読む

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら