お役立ちコラム

超高齢化社会が進み、老後にどのくらいの資金が必要となるのか不安に感じる方が増えています。長生きはうれしいことですが、退職したあとは蓄えだけで生きていくのは不安なものです。そこで今回は、そんな方たちの注目を集めているサービス「リバースモーゲージ」の特徴や、そのメリットについてご紹介します。

 

■死後にローンを清算する「リバースモーゲージ」

リバースモーゲージは、老後の資産形成の一助となる新しいスタイルとして注目を集めています。

リバースモーゲージでは、自宅を担保にして老後資金を借りることができます。返済は担保となっている不動産を自身の死後に売却することで行われるため、遺族に返済の責任を負わせることはありません。リバースモーゲージの性質上、利用する際には財産を相続する予定の人、つまり契約者の子どもなどの推定相続人全員の承諾を得る必要があります。

推定相続人全員の「同意書」を提出することができれば、リバースモーゲージは利用可能です。生前に少しずつ返済することも可能ですが、通常のローンとは違い「返済日」が設定されているわけではないので、余裕があるときに返済するというスタンスの方が多い傾向にあります。

 

リバースモーゲージを利用するためには持ち家であること、そして住宅ローンを完済していることが条件となります。単独で物件を保有していることも必要条件で、共同名義の場合は利用することができません。そのため、マンションなどの集合住宅の場合はリバースモーゲージを利用できないケースもあります。

リバースモーゲージを取り扱う銀行によって設定が異なりますので、詳細については申し込みを検討している各銀行に確認してみてください。

 

■リバースモーゲージのメリットとデメリット

リバースモーゲージのメリットとしては、生存中に子どもたちの助けを借りることなく自分たちの持ち家を担保にお金を借りる分、気持ち的に楽だということがあげられます。子どもたちに遺産として遺すものが少なくなったとしても、自分たちのことはしっかりと自分たちで全うすることは、老後の暮らしを気持ち的に安らいだものにしてくれるでしょう。また、老後の生活にはお金の不安がついて回りますが、それがクリアになるという意味でも、落ち着いた老後生活を手に入れることができます。

 

リバースモーゲージには、注意すべきデメリットもあります。リバースモーゲージを利用した場合、急激な金利上昇や担保となる自宅の不動産価値が下落した場合に、返済が厳しくなるリスクが発生することを理解しておきましょう。また、「長生き」した期間分融資額が大きくなり、生存中に融資枠を使い切ってしまう事態も考えられます。評価額が下落し、融資限度額を上回ると、場合によっては一括返済を求められることもあるため注意が必要です。

 

■老後の資産形成のひとつとして検討を

高齢期が長くなり、定年後に生きていくための資金が今まで以上に必要となる時代が到来しています。どのようにして老後の資産形成をしていくかが、これからの時代を生きていく人々にとって重要なポイントといえるでしょう。60代からの20年、30年は身体も衰え、仕事をして収入を得ることが難しい年代です。そうなったときに、生きていくための資金が足りなくなるというのは、とても厳しいものがあるといえます。

しかしながら、老後のやりくりを真剣に考える人々はまだまだ少数派です。子どもたちに迷惑をかけず、自分たちの人生をしっかりとやりくりするためには、リバースモーゲージなどの新しいシステムを活用することもひとつの方法です。

 

 

リバースモーゲージは、ここ数年特に注目を集め始めたサービスです。メリットもデメリットももちろんありますので、十分に理解した上で老後の資産形成のひとつとして検討してみてください。制度として複雑な面もあるため、リバースモーゲージサービスを展開している銀行に一度相談に行くことをおすすめします。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら