お役立ちコラム

進学や就職で子どもが地元を離れ、両親だけが残るケースが増えています。そうした家庭が地域で多くなると、その地域自体の若者の数が減少して過疎化が進むケースも珍しくありません。今回は、過疎化が進む地方での高齢者の生活や、一人暮らしのリスクについてご紹介します。

 

■過疎地域に高齢者が一人暮らしをするということ

進学や就職といったタイミングで子どもたちが都会に出てしまうケースが多い地方では、過疎化がますます進行しています。過疎地域での一人暮らしをしている高齢者は、決して珍しい存在ではありません。また、退職してからセカンドライフを地方で楽しみたいと、移住する高齢者の方も多くいます。こういった方々も元気なうちはそれほど大きな問題にはなりませんが、身体が衰えてくると暮らしにくさに直面するケースが多くあります。

 

過疎地域、地方都市に高齢者が暮らすのは、困難が伴うものです。近所に病院や介護施設がなく、買い物に出るにもお店自体が遠く、なかなか買い物に出られないといった問題も出てきます。高齢者が過疎地域に一人暮らしをするのは、想像以上に困難なことといえるでしょう。

 

■親と同居できない子どもたちのジレンマ

地元を離れて就職し、結婚した子どもたちにとって、高齢となった両親の存在は心配なもの。また、都心から離れて地方暮らしを選んだ両親を、再び自分たちが暮らす場所に呼び寄せるというのは、難しさがあることも理解しています。できることなら自分たちの住まいの近くに呼び寄せて暮らしたいと考える人が多いのですが、住み慣れた土地や友人から離れて子どもたちのところに行くことは、高齢となった方だからこそ難しさが伴います。

 

その結果として「過疎地域で一人暮らしをしている高齢者」といった存在が増えてきてしまうのです。過疎地域で暮らすということは、自転車や自動車に乗ることが難しくなる高齢者にとって、買い物や医療機関に出かけることすら難しい面があるということを忘れてはいけません。

 

■老人ホームという選択肢

一方、子どもと一緒に暮らすことは高齢者にとって安心である反面、子どもの配偶者に対する気疲れなどの心配も出てきます。そうした同居ならではの心配もあるため、「気ままな夫婦二人暮らしがいい」と地方都市での生活を選ぶことが多いのです。

 

そうした場合に選択肢としてあがるのが、老人ホームの存在です。子どもとの同居は安心感がありますが、気をつかうことや生活習慣の違いなどのことを考えると悩ましさもあります。それに比べて、高齢者にとって老人ホームという存在は、家族に気をつかわない生活と専門家のサポートを受けられる生活の両方が手に入る魅力的な存在だといえます。

 

■注目を集める高級老人ホーム

最近は、まるでホテルのような高級老人ホームが人気を集めています。ラウンジでは、入居者が集まって楽しく談笑することができます。個人の部屋もしっかりと確保されているうえ、看護師や機能訓練指導員などが常駐してしっかりと見守りケアをしてくれます。預ける側の子どもにとっても、預けられる側の両親にとっても大きな魅力です。

高級老人ホームでは食事の時間は設定されているものの、自由度の高い生活を送ることができます。自分のペースを崩さずに、しっかりと見守られながら安心して生活をすることができる。それが、高級老人ホームの最大の魅力です。従来の介護保険施設とは大きく一線を画し、利用者はお客さまというスタンスでのおもてなしとなるのです。

 

 

過疎化が進む地域で両親が暮らしているというのは、子ども世代にとって大きな不安材料となります。しかし、同居は両親自身が拒んでいることもあります。そんなときにぜひ検討して欲しいのが、高級老人ホームです。もちろん費用はかかりますが、その分サービスは素晴らしく充実しています。

高齢の両親の一人暮らしに不安を覚える場合には、まずは一度施設見学に行ってみてはいかがでしょうか。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら