お役立ちコラム

認知症が発症してしまうと今まで通りの生活ができなくなったり、身内の顔がわからなくなったりと、さまざまな症状が起こります。そんな認知症の要因のひとつとして、運動不足があげられます。適度な運動をすることで、認知症を予防することができるといわれています。そこで今回は、認知症の種類や予防に効果的な運動についてご紹介します。

 

■4つの主な認知症

認知症には、大きく分けて4つの種類があります。それぞれ発症する原因や症状の特徴が異なります。

 

・アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、脳内に異常なタンパク質(アミロイドβタンパク質)が蓄積することで脳細胞が破壊され、認知機能が低下する認知症です。物忘れなどの記憶障害から始まることが多く、進行すると「物を盗られた!」という妄想、話をはぐらかしたりする、取り繕いなどの症状が出てきます。

 

・レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、脳内に異常なタンパク質(レビー小体)が蓄積し、脳細胞が破壊されて認知機能が低下します。手が震える、動作が遅くなる、バランスを取ることが難しくなるといったパーキンソン病のような症状が現れるため、パーキンソン病と間違われるケースも多くあります。

 

・脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や認知症が発症してしまうと今まで通りの生活ができなくなったり、身内の顔がわからなくなったりと、さまざまな症状が起こります。そんな認知症の要因のひとつとして、運動不足があげられます。適度な運動をすることで、認知症を予防することができるといわれています。そこで今回は、認知症の種類や予防に効果的な運動についてご紹介します。

 

■4つの主な認知症

認知症には、大きく分けて4つの種類があります。それぞれ発症する原因や症状の特徴が異なります。

 

・アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、脳内に異常なタンパク質(アミロイドβタンパク質)が蓄積することで脳細胞が破壊され、認知機能が低下する認知症です。物忘れなどの記憶障害から始まることが多く、進行すると「物を盗られた!」という妄想、話をはぐらかしたりする、取り繕いなどの症状が出てきます。

 

・レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、脳内に異常なタンパク質(レビー小体)が蓄積し、脳細胞が破壊されて認知機能が低下します。手が震える、動作が遅くなる、バランスを取ることが難しくなるといったパーキンソン病のような症状が現れるため、パーキンソン病と間違われるケースも多くあります。

 

・脳血管性認知症

脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血など脳の血管障害によって起こる認知症です。脳血管が詰まったり出血したりすることによって、脳細胞に酸素がうまく供給されなくなり、神経細胞が壊死します。これにより、認知症が発症します。基本的に良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行しますが、急激に悪化するケースもあります。

 

・前頭側頭型認知症(FTD)

前頭側頭型認知症は、前頭葉や側頭葉が萎縮することで発症する認知症です。FTDとも呼ばれます・ほかの認知症に比べると行動障害が多く、同じ行動を繰り返す、同じものばかりを食べる、集中力や自発性が無くなる、見たものに影響されやすくなる、反社会的な行動をする、などの症状が起こります。

 

■認知症を予防するには適度な運動が効果的

脳出血など脳の血管障害によって起こる認知症です。脳血管が詰まったり出血したりすることによって、脳細胞に酸素がうまく供給されなくなり、神経細胞が壊死します。これにより、認知症が発症します。基本的に良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行しますが、急激に悪化するケースもあります。

 

・前頭側頭型認知症(FTD)

前頭側頭型認知症は、前頭葉や側頭葉が萎縮することで発症する認知症です。FTDとも呼ばれます・ほかの認知症に比べると行動障害が多く、同じ行動を繰り返す、同じものばかりを食べる、集中力や自発性が無くなる、見たものに影響されやすくなる、反社会的な行動をする、などの症状が起こります。

 

■認知症を予防するには適度な運動が効果的

現在、認知症を予防するのに最も効果的だといわれているのは、毎日適度な運動を無理せず続けることです。実際に高齢者の方に1年間軽い運動を続けてもらった結果、その80%に認知機能の改善が見られました。また、音楽を組み合わせた運動を1年間行なってもらった結果、運動のみ続けてもらったときよりも高い認知機能の改善が見られました。

脳の認知機能を高める運動としては、10分程度の軽いウォーキングも効果的だという結果が出ています。ウォーキングは少し息があがるぐらいの速さで、しっかりと心拍数の上昇が感じられる程度が推奨されています。

 

どうして運動すると脳の働きにいいのか?

なぜ運動を行うと脳機能の低下を防ぐことができるのか。それは、有酸素運動を行なうことで持続的に酸素を体内へ取り入れることができる、ということに起因しています。

有酸素運動によって体内に取り入れられた酸素は、血液によって体全体に運ばれるほか、脳の血管にも送り込まれます。そうすると、脳内の血液が豊富になり、ニューロンという脳の神経細胞が新しく作られます。このニューロン同士をつなげる働きをもつシナプスは脳内の酸素が豊富になることで活動が活発になり、脳機能を向上させます。これにより、記憶力が増強されるて、認知症状が発生しにくくなるのです。

 

デイサービスや老人ホームのレクリエーションで運動を

近年は、レクリエーションで軽い運動を行うことで老化防止(ボケ防止など)に取り組んでいるデイサービスや老人ホームが多くあります。誰でも簡単にできる運動を用意しており、座りながらできる運動などもあります。認知症予防では週に3回から4回ほど運動することが理想的なので、デイサービスなどの時だけみんなと一緒に運動するというのもいいでしょう。

日常生活でも老化防止(ボケ防止など)のために、家事をしながら体を動かすことを意識したり、簡単な暗算を行なったり、音楽に合わせて軽く体を動かしたりすることが効果的です。このようなことを日常生活に意識して取り入れるだけでも、脳の働きを活発にし、認知機能の低下を防ぐことができます。

 

関連記事:「デイサービスの1日をご紹介」

関連サービス:「利用者の健康状態や都合に合わせた半日デイサービス」

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら