お役立ちコラム

老後の資産形成のために個人年金保険への加入を検討している方もいるでしょう。しかし、個人年金保険といってもその種類はさまざまで、特徴も異なります。自分のライフプランに合わせてどの個人年金保険を利用するかを決めなければいけません。なるべく早い段階で、できれば50代のうちに自分にとって最良の商品はどれか選べるようにしておくべきだといえます。

 

知っておきたい個人年金保険の種類と特徴

【確定年金】
一般的な個人年金保険といえば、確定年金になります。この年金のメリットは、加入した当初から受け取れる年金総額が確定していることです。たとえば10年確定年金に加入した場合、受け取れる年金総額は「年金額×10年」です。仮に年金受給期間に加入者が亡くなったとしても、残りの年金は遺族が受け取れるようになっています。

60歳以上で年金受給期間を10年以上に設定している場合、個人年金保険料控除によって所得税控除を受けることができます。また、加入時に設定した期間で受け取れる年金の総額が決まっているので、今後のライフプランを立てやすくなります。ただし、加入した当時に設定した期間のみ年金が受給されるのでライフプランを立てた上で加入することをおすすめします。

 

【終身年金】
最初に受給期間を設定する確定年金に対し、終身年金は生きている間であれば一生涯年金を受け取ることができます。

終身年金のメリットは、長生きすれば多くの年金を受け取ることができるということ。そのため、老後の生活に必要なお金を確保しやすくなるので安心です。

デメリットは、年金受給が開始されてから早い段階で加入者が亡くなると、支払った保険料の総額よりも受け取る年金の金額が少なくなってしまいます。また、受け取る年金額が30万円以上と設定されていることが多く、年金受給が開始されるまでに支払う保険料の金額が高くなります。

 

【変額年金】
変額年金は、株式や証券といった資産を運用するタイプの個人年金保険です。確定年金や終身年金は支払った保険料に応じて年金を受け取ることができますが、変額年金だと資産の運用結果によって受け取れる年金額が変わります。

変額年金のメリットとしては、運用実績次第で受け取れる年金額が大幅に増える可能性があること、インフレにも対応できることなどがあげられます。反対に、年金原資が払込保険料を下回るケースもあるため、利用する際にリスクについてよく考えた上で加入する必要があります。

 

【外貨建て年金】
外貨建て年金は、保険料の支払いと受け取りを米ドルやユーロなどの外資で行ないます。外貨は円に比べて利率が高いことが多いため、利回りが高くなって長期運用すると受け取る金額が増えることもあります。また、保険料を支払う時と受け取る時の為替相場によっては、円に交換した時の金額が大きく変わります。ただし、年金は外貨で受け取ることになるため、円に替える際に為替相場の影響を受ける可能性も少なくありません。年金を受け取る時の為替相場によっては、受け取れる年金額が少なくなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

ライフプランに合わせた個人年金保険を選ぼう

今回ご紹介したような個人年金保険の特徴を知ることで、老後の資産形成をどうするべきかを考えられるようになります。老後に不安を感じているのなら、ライフプランに合う個人年金保険を選んで将来の生活に役立てられるようにしておくのもひとつの手です。

50代から老後の資産形成を考えて行動することは、将来必ず役に立ちます。安心できる老後のためにも、個人年金保険など将来に向けて必要な商品に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら