お役立ちコラム

老人ホームは、入居型の介護施設では最もメジャーなものです。老後暮らしの住まいとして、候補にあがりやすい施設であるといえます。そのなかでも、特別養護老人ホームは費用が安いことから人気が高く、入居待ち状態が多く発生しています。
費用が安いとされている特別養護老人ホームですが、実際にどれだけの費用がかかるのか知らないという方は多いのではないでしょうか。また、おおよその相場は知っていても、どういった費用がどれだけかかるのか、その内訳までは知らないということもあります。そこで今回は、特別養護老人ホームの費用の特徴を詳しくご紹介します。

 

■初期費用がかからない特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームの人気の理由のひとつに、「初期費用がかからない」というものがあります。少しでも費用を抑えたい老後暮らしにおいて、これは嬉しいポイントですよね。
老人ホームを利用する際は、賃貸住宅の家賃を払うように、月額の利用料金を払わなくてはいけません。また、それとは別に、入居一時金を支払わなければいけない場合もあります。この入居一時金は決して安くはなく、数十万円かかったり、場合によっては数千万円かかったりすることもあります。
そうしたなかで、特別養護老人ホームは入居一時金などの初期費用が一切かかりません。初期費用0を掲げている老人ホームのなかには、初期費用を月額の利用料金に上乗せしている施設もありますが、特別養護老人ホームではそういったこともありません。

 

■特別養護老人ホームで必要な費用

2pixta_27006717_M

特別養護老人ホームの利用料金は、入居する部屋のタイプによって異なります。
最も安いのは多床室、いわゆる相部屋です。多床室の賃料は1ヵ月約25,000円で、食費が約41,000円。介護保険の自己負担額は要介護度によっても変わり、これらの合計は83,000円~91,000円程度となります。
これに対し、最も高いのがユニット型の個室です。ユニット型個室の賃料は1ヵ月約59,000円で、食費が約41,000円。介護保険の自己負担額を加えると、合計119,000円~127,000円程度となります。

 

こうした施設の利用費に加えて、特別養護老人ホームでは介護サービスや生活援助を利用するための費用もかかります。ただし、これらのサービスは、介護保険で安価に利用することができます。また、こうした基本的なサービスとは別に、体制の強化や個別の機能訓練、看取り介護など特別なサービスを追加することもできます。そうしたサービスにも、費用はかかります。

 

■介護以外で必要となる実費

特別養護老人ホームで必要とされる費用は、ほとんどが介護保険の適用範囲内です。しかし、日々の食費やレクリエーションにかかる費用など、介護保険が適用されない実費もあります。保険適用外となる実費の具体例としては、以下のようなものがあります。

 

・身の回り品

身の回り品とは、例えば、歯ブラシや化粧品、シャンプー、石鹸、ボディソープといった身だしなみを整えるために必要なものなどです。また、私物の洗濯代や預り金の管理費、コインランドリーの料金、クリーニング代など、身の回り品に関係する費用も含まれます。

 

・教養娯楽に関わるもの

教養娯楽に関わるものには、例えば華道や茶道、陶芸、刺繍、書道、美術といったものに関連する材料費などが含まれています。

 

これら以外に、理美容代や通院の際の交通費なども介護保険の適用範囲外となります。

 

 

特別養護老人ホームは費用が安いことから人気が高く、入居がなかなか難しいものです。所得などに応じた利用費の減額制度や介護・医療費用の軽減措置などもあることから、その競争率は高いといえます。老後暮らしの選択肢のひとつとして特別養護老人ホームの利用を考えている場合、費用の安さだけで選ぶのではなく、待機人数など入居できるかどうかについてもしっかりと考える必要があります。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら