お役立ちコラム

大切な家族を在宅で介護していると、認めたくはないけれど、どうしても疲れがたまってしまうもの。そのようなときは、ほっと一息つけるプライベートの時間を確保できる、短期入所生活介護と短期入所療養介護という、ショートステイのご利用がおすすめです。

 

■短期入所生活介護とは

特別養護老人ホームなどの施設に“短期間”入所した利用者に、食事、入浴などの日常生活に必要な行動の支援や機能訓練などを行うサービスです。

 

短期間ではありますが、利用者の家族は一定期間、介護から離れることができます。短期入所療養介護サービスを利用することで、介護の物理的・精神的負担を軽減することができます。利用者の家族が出張や冠婚葬祭などで、どうしても在宅介護ができないという際にも利用できます。

 

短期入所生活介護サービスの費用は、入所する施設の種類、部屋の種類、そして利用者の要介護度で決まります。

 

・入所する施設の種類

社会福祉施設・介護保健施設・特定施設または医療機関に併設されている併設型と、併設型以外の単独型の2種類があります。

 

・部屋の種類

居室定員が1名の従来型の個室、定員が2名以上の多床室、食事や談話ができる共同スペースと個室があるユニット型個室(天井までの仕切りあり)、ユニット型準個室(天井までの仕切りなし)に分かれます。

 

・要介護度

要介護1から要介護5までの要介護度があります。

 

これらの指標に準じて、短期入所生活介護サービスの利用費が決まります。

 

■短期入所療養介護とは

pixta_22369376_M

病院や診療所、介護老人保健施設などに“短期間”入所した利用者に、日常生活の支援や医療、機能訓練などを行うサービスです。利用者の入所期間中は、医師や看護職員、理学療法士などがしっかりと介護を行いつつ、日常生活の支援や医療、機能訓練が行われます。利用者の家族も安心ですね。

 

短期入所生活介護サービスと同じく、利用者の家族が介護から離れることができ、どうしても在宅介護ができない際のサポートラインとして活躍します。

 

短期入所療養介護サービスも、短期入所生活介護サービスと同じく、要介護1以上の認定を受けた方がサービスをうけることができます。また、提供費用も同様で、利用者が入所する施設の種類、部屋の種類、要介護度の度合いで決まります。

 

・入所する施設の種類

施設の種類は、短期入所生活介護サービスの内容と異なります。入所する施設は、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、療養型病床群を持つ病院、老人性認知症疾患療養病床を持つ病院に分かれます。

 

・部屋の種類

従来型の個室、多床室、ユニット型個室、ユニット型準個室に分かれます。

 

・要介護度

要介護1から要介護5までの要介護度があります。

 

短期入所生活介護サービスとは異なる、これらの指標に準じて、短期入所療養介護サービスを受ける費用が決まります。

 

■ショートステイを利用して、介護生活にゆとりを

短期入所生活介護や短期入所療養介護のサービスを利用する際には、短期入所生活介護・短期入所療養介護サービスの提供費用に加えて、宿泊費や食費、その他の雑費がかかることになります。どちらとも、サービス利用にかかる費用は、地域やサービス提供事業者などによって異なるため、下調べを行っておきましょう。そのうえで、担当のケアマネージャーに相談すると、さらに安心です。

 

ショートステイは介護保険を利用することもできます。しかし、介護保険給付額には利用限度があるので、利用頻度やサービスプランなどについても、ケアマネージャーと相談することをおすすめします。介護保険を上手に利用すれば、家計に大きな負担をかける必要もありません。

 

いくら大切な人の介護でも、介護による負担はどうしても大きいものになってしまいます。やむを得ない事情で在宅介護ができないとき以外にも、介護疲れを回復してまた笑顔で一緒に過ごすためにも、短期入所生活介護や短期入所療養介護のサービスを利用してみるとよいかもしれません。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら