お役立ちコラム

少子高齢社会の現在、日本にはたくさんの老人用施設があります。そのなかから入居する施設を選ぶポイントは、サービスの充実や月々かかる費用など、一人ひとり違います。もしも入居者が余生を完全に老人ホームで過ごす予定なのであれば、後悔のない施設選びをする必要があります。

介護付き有料老人ホームは、都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている有料老人ホームです。介護付き有料老人ホームは、介護サービスに力を入れているため、要介護度が高い人でも安心して老後暮らしを送ることができます。今回は、介護付き有料老人ホームの特徴と入居に必要な費用、その設備やサービスについてご紹介します。

 

■介護付き有料老人ホームの特徴

介護付き有料老人ホームは、食事や入浴など、入居者の日常生活全般に対して介護サービスを提供する施設です。厚生労働省のデータによると、全国にある介護付き有料老人ホームの数は4000件を越えています。

集団生活に適応できる65歳以上の人は、介護付き有料老人ホームに入居することができます。また、要介護認定や要支援認定を受けた人だけでなく、介護の必要のない自立生活を送れる人も入居することが可能です。

医療機関と連携している施設もあります。そのような施設では、感染症やストマ、胃ろうなどを患った、医療行為が必要な方の入居も認められています。ただし身元引受人がいない方に関しては、施設によっては入居を断っている場合があります。入居を希望する施設があるのであれば、事前に問い合わせましょう。

 

■介護付き有料老人ホームにかかる費用

pixta_28150631_M

介護付き有料老人ホームに入居する際には、入居一時金と月額利用料を支払う必要があります。入居一時金とは、『退居するまでの間、この施設で提供されるサービスを受ける権利を購入する』という名目で支払う、介護施設特有の費用です。入居一時金の値段は、施設によって大きく変わります。1億円以上かかる施設もあれば、入居一時金を支払う必要のない施設も。ただし、入居一時金を支払う必要のない施設の場合、月額利用料が高く設定されていることがあるため、気をつけましょう。

月額利用料は、毎月、施設に支払うお金のことを指します。その内訳は、家賃や光熱費、共益費、介護保険料の1割、食費など。月額利用料の目安は、毎月12万~30万円です。ただし、これも施設の立地条件や、入居者一人ひとりの生活スタイルによって大きく変わります。

介護付き有料老人ホームでは、介護サービスが定額になっているケースが多々あります。どんなサービスを受けても介護費用料金が常に一定であることは、介護付き有料老人ホームの良点ともいえます。

 

■介護付き有料老人ホームの設備やイベント

介護付き有料老人ホームの設備やサービスは、入居する施設によってさまざまですが、原則として、介護付き有料老人ホームの施設内は、全館バリアフリーです。館内の壁には、手すりが取り付けられていたり、居室の広さや廊下の幅などは、車椅子で移動しても余裕がある空間を意識して設計されたりしています。寝たきりの人でも入浴が可能な機械式の浴槽が、居室の浴室に設置されていることもあります。

 

介護付き有料老人ホームでは、入居者同士の交流が盛んです。そのため、介護付き有料老人ホームでは、孤独を感じることのない老後暮らしを送ることができます。入居者同士で談話ができる共用スペースをはじめ、将棋や麻雀といった入居者同士で楽しめる娯楽備品が用意されていることもあります。花見や小旅行などのイベントが企画されていることも多く、入居者全員参加で楽しむ機会が提供されているのも、明るい老後暮らしをサポートする、嬉しいポイントです。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら