お役立ちコラム

「高級老人ホーム」、この名を聞いたことがありますか? 高級老人ホームとは、簡単にいうと、一般の有料老人ホームよりも数倍手厚いサービスを提供する老人ホームです。しかし、サービスが充実すると、当然かかる費用も高くなります。受けられるサービスが費用に見合うかどうかは、気になるところですよね。そこで今回は、高級老人ホームの特徴やサービス、費用についてご紹介します。

 

■高級老人ホームの概要

高級老人ホームは都心や高級住宅街、もしくはリゾート地に建てられることが多くあります。とても老人ホームとは思えないような外観をしており、ホテルやお城をイメージしたものまで、多岐にわたります。内観は高級ホテルのようになっており、一人ひとりに割り当てられた個室は、とても広くて綺麗です。たとえば高級家具が備え付けられたナースコール付きの部屋で、充実したプライベートを過ごすことができます。

老人ホーム内には、ヘアスタイリストのいる美容室、温泉、プール、アスレチックスジム、エステなどが併設されており、一般の老人ホームでは見られない施設を楽しむことが可能です。

 

■高級老人ホームの充実サービス

pixta_25189795_M

高級老人ホームのサービスはどれも一流です。

提供される食事は、非常に高品質なものばかり。たとえば、人気寿司店の職人を招いて、職人に握ってもらった寿司を提供する高級老人ホームもあります。また、別の高級老人ホームでは、フレンチ料理のフルコースを提供しています。

健康面のサービスも整っており、体調を管理するコンシェルジュが一人ひとりに割り当てられます。老人ホーム内にクリニックが設置されていることも多く、医師、介護士、看護師が24時間常駐しており、急な体調変化にも対応しています。また、入居者の介護レベルが高くなった場合も、理学療法士のサポートを受けることができます。

さらに、フロントスタッフが24時間必ずいるなど、施設内のセキュリティは非常に厳重です。国が定めている介護保険基準の2倍以上の介護サービスが提供されている施設もあり、安心した老後を過ごすことができます。

なお、芸能人を招いたイベントがあったり、観光バスツアー企画があったりと、レクリエーションが充実している施設もあります。

 

■高級老人ホームの費用

高級老人ホームの入居一時金は平均5,000万円ほどであり、なかには億を超える費用を設定している施設もあります。また、月額利用料は平均20万円以上であり、施設によっては200万円以上のところもあります。高級老人ホームは、金額に見合うだけのサービスを受けられることから人気の高い福祉施設なのです。

 

■高級老人ホームの長所と短所

最後に、高級老人ホームの長所と短所についてご紹介します。

高級老人ホームの長所は、やはりサービスの満足度が高いことです。一般的な老人ホームに入居している高齢者が「自分の老人ホームに欲しい!」と言う施設は“美容室”や“医務室”です。それらが完備してある高級老人ホームは、高齢者のニーズを隅から隅まで満たしてくれる場所といえます。さらにスタッフが24時間常駐しているため、入居者に充実感や大きな安心感を与えてくれます。

一方、高級老人ホームの短所は費用面です。必要不可欠な入居一時金や月額利用料などに加えて、それ以外に必要な出費もあります。例えば、併設施設の共益費は月額利用料に含まれているため、仮に入居者自身が併設施設を使用しなくても支払う必要があります。とはいえ、同じ入居者と仲よくなれるきっかけの場が増えることも事実。さまざまな施設を楽しみたいと考えるアクティブな入居者であれば、損をしたと感じることなく施設を満喫できるはずです。

 

多くの高級老人ホームでは、宿泊体験を実施しています。宿泊体験を通して、自分が望むサービスを受けられるのか、金額を支払うだけの魅力があるのかを見極めることができます。入居を検討している人は、まず宿泊体験に申し込み、それから入居するかどうかを判断してみてはいかがでしょうか。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら