お役立ちコラム

老人ホーム選びにおいてたくさんの情報を集めることは大切なポイントのひとつですが、ご自身(ご家族)の予算や条件などに合う気になる老人ホームを見つけたとしても、“見学”をしてみないことには、実際の老人ホームの様子まで知ることはできません。
そこで今回は、老人ホームの見学でチェックするべきポイントをご紹介します。
いざ入居したあとに「想像と違った…」なんてことにならないためにも、ぜひ役立ててくださいね。

1.スタッフだけでなく、入居者の表情(雰囲気)もチェック!

老人ホーム全体の雰囲気を掴むためには、スタッフの表情だけでなく、入居者の表情もチェックすることが大切です。
もちろん表情からすべてが読み取れるわけではありませんが、心地の良い空間づくりがされている老人ホームでは、スタッフも入居者も表情が活き活きしているものです。
さらに、入居者への細かな気遣いや声掛けなど、スタッフと入居者のコミュニケーションの取り方などもチェックすることをおすすめします。
“スタッフの対応がそのまま入居者の生活の満足度につながる”といっても過言ではありません。
どれだけサービスが充実しているかも大切ですが、どれだけ質の良いサービスが提供されているかも重視するべきポイントになります。
また、それと併せて“ご自身が老人ホームの雰囲気に馴染めるのか”、“安心して楽しく生活していけるのか”なども一度考えてみましょう。

2.食事の内容や傾向はもちろん、食事中の様子もチェック!

老人ホームに入居するにあたり、生活の楽しみのひとつが毎日の食事ではないでしょうか?
これから長く生活していくことを考えれば、老人ホームで提供される食事の内容や食事の様子は見学時に重視するべきポイントになります。
食事中の様子を見学させてもらうことで、食事の内容や傾向はもちろん、食事中の入居者の様子、何らかの事情で同じ食事がとれない場合(治療食など)に個別対応してもらえるのか、誤飲や窒息などのもしもの事故が起こったときに対応できる数のスタッフが配置されているのかもすべてチェックすることをおすすめします。
さらに、献立表をチェックして、季節が感じられるような食事の内容や季節の食材が味わえるような工夫がされていると、より楽しく食事することができるでしょう。

3.清潔で住みやすい環境であるか?さらに周辺環境もチェック!

老人ホームで気持ちよく生活するためには、老人ホーム全体が清潔に保たれているのかが大切なポイントですよね。
これから最も多くの時間を過ごす場所になる居室、意外に多くの時間を過ごす場所になる共用スペース、他にもトイレ、浴室など、見落とさずに老人ホーム全体を見て回りましょう。
なによりもご自身にとって住みやすい環境であるのかが最も重視するべきポイントです。
これから第二の家となる場所であることをしっかり念頭に置いて、居室の広さや設備なども細かくチェックしましょう。
さらに、老人ホーム内だけでなく、老人ホームまでご家族が通いやすいか、老人ホーム周辺になにがあるのか、などの周りの環境もチェックしておくといいですね。

3.まとめ

老人ホームの見学でチェックするべきポイントをご紹介しましたが、見学している中で疑問に思ったことや不安に思ったことがあれば、積極的に質問することをおすすめします。
これから安心して生活していくためには、今よりも身体状態が悪化した場合のことをイメージしながら見学するようにしましょう。
老人ホーム選びにおいて、実際の様子を目で見ることができる見学は欠かせません。
しかし、たくさんの老人ホームを見学したことで情報が整理しきれなくなり、混乱してしまわないように注意してくださいね。

 

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら