お役立ちコラム

人ホームは「公共型」と「民間型」の2種類に分けることができます。
さらに、その中で入居目的や入居条件によってさまざまな種類があり、入居するにはたくさんの選択肢の中から選択することになります。
そこで今回は、はじめに知っておきたい“老人ホームの種類と特徴”をわかりやすくご紹介します。
これからご自身(ご家族)が老人ホームで快適な生活が送れるように、それぞれの異なる特徴を比較して参考にしてみてくださいね。

1.主に要介護の方を対象にした「公共型」老人ホーム(介護施設)

「特別養護老人ホーム(特養)」
特養という言葉を耳にされたことはありませんか?
“要介護レベル3以上で65歳以上の高齢者”が入居できる特別養護老人ホームでは、食事、入浴、排泄などの介護サービス、掃除、洗濯などの生活支援サービス、その他にもリハビリ、レクリエーションなどが提供されています。
しかし、看護師の夜間配置が義務付けられていないので、夜間も医療対応が必要な方は入居が難しいといえます。
入居費用の安さが特徴でもあり人気が高く、入居までに数ヶ月から数年かかる場合もあるそうです。

「介護老人保健施設(老健)」
“要介護レベル1以上で65歳以上の高齢者”が入居できる介護老人保健施設では、食事、入浴、排泄などの介護サービスはもちろん、医師による医療対応、理学療法士によるリハビリなどが提供されています。
退院後に在宅復帰するための短期入居(3ヶ月から6ヶ月)施設なので注意しましょう。

「介護療養型医療施設」
“要介護レベル1以上で65歳以上の高齢者”が入居できる介護療養型医療施設は、食事、入浴、排泄などの介護サービス、医師による医療対応、理学療法士によるリハビリなどが提供されており、こちらも老健と同じく短期入居施設になります。
老健と異なる特徴は、入居者100人に対して医師が3人配置されるので、医療対応がかなり充実しているところだといえます。

「軽費老人ホーム、ケアハウス」
軽費老人ホームと呼ばれているA型・B型は、“夫婦のどちらかが60歳以上で自分で身の回りのことができる月収34万円以下の方”が入居でき、ケアハウスと呼ばれているC型は“要介護レベル1から2で65歳以上の高齢者”が入居できます。
軽費老人ホームは、自治体の助成による入居費用の安さを特徴とした自立した生活に不安があり、事情によって家族に頼ることができない方(身寄りのない方)のための老人ホームです。
A型(食事提供あり)とB型(食事提供なし)があり、C型は近年増えているようです。
ただし、地域や施設によって特徴も条件も異なるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

2.要介護の方を対象にした「民間型」老人ホーム

「住宅型有料老人ホーム」
“60歳以上の方”であれば入居できる住宅型有料老人ホームでは、食事、掃除、洗濯などの生活支援サービス、介護が必要な方それぞれに合わせた外部の介護サービス、アクティビティなどのサービスが提供されています。
住宅型有料老人ホームは、3種類ある有料老人ホームの中で最も割合が高いので、数多くの施設から選択することができるといえます。

「介護付有料老人ホーム」
“要介護レベル1から5で65歳以上の高齢者”が入居できる介護付き有料老人ホームでは、入浴、排泄などの介護サービスから、食事、掃除、洗濯などの生活支援サービスはもちろん、リハビリ、アクティビティなどのサービスが幅広く提供されています。
24時間体制で医療対応を受けることができる上に、専門のスタッフも24時間体制で配置されているので、要介護レベルが高い方でも安心して入居することができるといえます。

「グループホーム(認知症に対応可能)」
“要支援レベル2以上で65歳以上の施設がある自治体に住民票がある認知症の高齢者”が入居できるグループホームは、5人から9人で1ユニットを組み専門のスタッフが対応しながら、料理、掃除、洗濯などを分担して共同生活をします。
認知症の自立支援のための施設なので医療対応が充実しておらず、必要になった場合は退去する必要があります。
また、認知症の受け入れはグループホームに限らず、他の施設でも行っているので事前に確認しておきましょう。

3.自立した生活ができる方を対象にした「民間型」老人ホーム

「サービス付き高齢者住宅(サ高住)」
近年人気が高い“60歳以上の方”であれば入居できるサービス付き高齢者住宅(サ高住)では、安否確認のサービスや生活相談のサービスなどが提供されています。
部屋の広さは25㎡以上でバリアフリーになっており、一人暮らしの方も夫婦で二人暮らしの方も自立した生活に不安がある方におすすめの施設です。
また、介護が必要な方でも、介護サービスを受けることができる施設もあります。

「シニア向け分譲マンション」
“夫婦のどちらかが50歳以上”であれば入居できるシニア向け分譲マンションは、外部の医療、介護サービスと提携しており、こちらもサービス付き高齢者住宅と同じくバリアフリーになっています。
一般の分譲マンションのように資産になるので、売却、賃貸、相続などが可能なところがシニア向け分譲マンションの大きな特徴といえます。
また、施設によってその中にさまざまなサービス、共用設備が用意されているので、事前に確認しておきましょう。
まとめ

このように、現在では入居目的や入居条件によってさまざまな特徴を持った老人ホームがたくさん運営されています。
安心して快適な生活を送るためにはそれぞれの特徴を把握した上で、ご自身(ご家族)に応じた老人ホーム選びが大切です。
また、地域や施設によって入居条件などが異なる場合があるので、事前にしっかり確認してくださいね。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら