お役立ちコラム

これからご自身(ご家族)が生活する“第二の家”となる老人ホーム選びは、絶対に失敗したくないものです。
現在では、異なる特徴を持ったさまざまな老人ホームがありますが、老人ホーム選びで失敗しないためには、どのようなところを重視して選択すればいいのでしょうか?
そこで今回は、「老人ホーム選びにおいて大切な6つのポイント」をご紹介します。


ポイント1.気になる利用料金

やはり、はじめに気になることといえば老人ホームの利用料金ではないでしょうか?
事前に入居一時金(前払い金)の金額や月額利用料の金額とその内訳の他にも、医療費や日用品などの実費負担、さらに有料で提供されるサービスなども一緒に確認しておきましょう。
まずは、資金計画を立てることからはじめ、ご自身に合った無理のない料金設定の老人ホームを選択することが大切です。

 

ポイント2.医療・介護の手厚いケア

老人ホームの入居者の人数に対して専門のスタッフが何人配置されているかによって、ケア体制に違いが出てくるといえます。
自立した生活ができる方のほとんどが、健康な高齢者が多く入居している老人ホームを選びがちですが、その前に一度「身体状況が悪化した場合にも安心して生活することができるのか」を考えてみましょう。
いざというときに、どれだけケア体制が整っているかが大切なポイントになります。

 

ポイント3.ご家族が通いやすい立地

老人ホーム選びにおいて、住み慣れた自宅付近にある老人ホームに入居される方がほとんどですが、要介護の方はご家族が無理なく通える距離かどうかも視野に入れることが大切なポイントになります。
ご自身が希望する地域の選択することはもちろんですが、なによりも支えになるご家族の面会のことも考えて、老人ホームを選択することをおすすめします。

ポイント4.提供される食事の傾向

これからご自身の第二の家となる老人ホームでは、毎日の食事も生活満足度を高める大切なポイントになります。
献立表で食事の傾向を確認するだけでなく、作られている場所や管理栄養士の有無、治療食などの個別での対応はしてくれるのかどうかも併せてチェックしておきましょう。
また、何らかの事情によって食べなかった場合の料金も把握しておくといいかもしれません。

 

ポイント5.スタッフの雰囲気(対応)

老人ホームの雰囲気だけでなく、スタッフの雰囲気も老人ホームの住み心地に影響するポイントといえます。
実際にスタッフの対応が悪ければ、たとえ充実したサービスが豊富に用意されていたとしても、満足が得られない可能性があるので注意しましょう。
安心して入居できるような、安らげる空間づくりがされている老人ホームを選択することをおすすめします。

 

ポイント6.用意されている娯楽設備

医療・介護の設備の他にも、どのような設備が用意されているのかが大切なポイントになります。
ジムが併設されていたり、温泉に入れたり、マッサージが受けられたり、その設備は老人ホームによってさまざまですが、取り揃えられた設備の充実度が生活の充実度にもつながるといえます。
第二の家となる老人ホームでは、こういった娯楽設備のチェックも欠かせません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
失敗しない老人ホーム選びで最も大切なポイントは、しっかりと老人ホームの情報集めをすることです。
これから第二の家となる老人ホームで、どれだけご自身(ご家族)が快適な生活が送れるかは、はじめの老人ホーム選びが肝心だといえます。
重視するべきポイントは、入居される方によってひとりひとり異なると思いますが、今回ご紹介した「老人ホーム選びにおいて大切な6つのポイント」を参考に、ぜひ老人ホーム選びに役立ててくださいね。

 

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら