お役立ちコラム

定年後は、年金でのんびり老後暮らしが理想という人は多いかもしれません。しかし、現実的に、年金だけで暮らしていくことは可能なのでしょうか。実際に定年を迎えた時に後悔しないためにも、生活費がいくらかかるのか、年金暮らしで本当に暮らしていけるのか考えてみましょう。

 

一人暮らし、いくらかかる?

まず、老後の一人暮らしはいくらくらいかかるのか試算してみます。「家計調査年報」(2017年)によると、単身世帯の出費(消費支出)は全体の平均では、161,623円。特に65才以上に注目すると、消費支出は146,594円で、平均よりは少ない金額で生活していることがわかります。
よりリアルにイメージするために、内訳をみていきましょう。

食費…36,332
住居…14,256
水道光熱費…12,915
家事・家具用品…5,999
被覆及び履物…4,358
保健医療費…8,100
交通・通信…14,103
教養・娯楽…17,459
その他の消費支出…33,072
交際費…18,640
(政府統計の総合窓口:第2表 男女,年齢階級別1世帯当たり1か月間の収入と支出(単身世帯)参照)
食費は3万円台ですが、体力的に自炊が厳しくなれば食事の宅配サービスなどを頼むことになり、これよりも高額になることがあるかもしれません。住居費については持ち家なので家賃を払わなくていいという世帯と、賃貸物件に住んでいて賃料を払い続けている世帯の平均なのでこの金額になりますが、賃料を支払っている人は、この統計の平均値よりもずっと多くなります。これらのデータと自身の生活を照らし合わせて、一人暮らしに必要なおおよその金額を確認しましょう。
平成28年の厚生労働省年金局調べによると、厚生年金は平均で約14.8万円、国民年金は約5.5万円支給される計算です。退職金で住宅ローンを一括返済するなど、退職金の使い道が決まっていて、ほかに貯金がないという場合は年金メインで生活することになります。消費支出の平均が148,594円ということは、厚生年金の平均額が丸々生活費に消えるという計算です。しかし、実際には消費支出以外の支出(大型家電の買い替えなど)をプラスして考えなければなりません。年金だけではちょっと心もとないと感じる人も多いでしょう。

 

二人(以上)暮らしの場合

写真を見て微笑む夫婦

高齢者・無職の世帯の場合は消費支出237,682円です。食費は一人暮らしの時のほぼ2倍の68,154円ですが、住居は13,885円と、一人暮らしの場合とさほど開きがありません。この統計値には、高齢者の二人暮らし世帯の生活費が計算されていないので、厳密な二人の老後暮らしの生活費についてはわかりませんが、一人暮らしの時よりも食費は増えるものの、その他は一人当たりに計算してみると、一人暮らしよりも割安な印象です。

 

あなたのもらえる年金はいくら?

年金は、納めた期間や金額によってもらえる金額が変動します。どれくらいの金額がもらえるのかあらかじめ試算することができるので、日本年金機構のサイトで調べてみるといいでしょう。年金を試算した結果、生活が苦しくなる可能性がある場合は、まず今できることを考えてみましょう。
今すぐできることといえば、少しでも長く働くことのできるように再就職を考える、削ることのできる固定支出を見直す(携帯電話代や保険料や、家賃など)、不要なものを売る、などの方法があります。一つひとつは小さい金額でも、貯まれば大きな金額になる可能性があります。
病気にかかると、医療費がかかります。禁煙する、適度な運動を行う、お酒の量を控えるなど身体のケアを行い、健康寿命を伸ばすことも大切です。

 

まとめ

今回は、年金だけで生活できるのかという問題についてひも解いていきました。結論として、多くのケースでは年金だけで生活するのは難しいです。定年後も働くことを考えるなど、今からできる対策をしておくことが重要となるでしょう。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら