お役立ちコラム

デイサービスは介護サービス、デイケアはリハビリを主とした介護施設です。
近年は機能訓練型デイサービスという新しいジャンルが出てきました。今回は、機能訓練型デイサービスと従来型のデイサービス、デイケア、また介護予防通所リハビリテーションとの違いについてご紹介します。

■デイサービスとは

デイサービスとは、食事や入浴、排せつの介助などを、日帰りで受けられるサービスのことをいいます。健康管理や、日常生活動作の訓練も行います。また、利用者向けにレクレーション企画も行っており、利用者の心身の健康を保ち、家族の介護負担を軽減するという目的で運営されています。介護保険上の「通所介護」にあたります。

■デイケアとは

デイケアとは、通所型のリハビリ施設です。運動機能の改善や、栄養の改善を行っています。デイケアを利用するには医師によってリハビリが必要だと診断される必要があります。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリの専門知識を持ったスタッフが、医師の指導の下、利用者にリハビリを提供します。一般の介護スタッフによる食事、入浴などの介護を組み合わせて提供している施設もあります。介護保険でデイケアを利用するには、要介護1~5の認定を受けている必要があります。

■介護予防通所リハビリテーションとは

リハビリの様子

要介護ではなく、要支援1~2の認定を受けた人が利用できる施設が「介護予防通所リハビリテーション」です。日常生活の自立を助けるための理学療法や作業療法などのリハビリを行い、介護の予防を目的としています。日常生活上の支援にプラスして、個別に必要な運動機能改善、栄養改善、口腔機能改善を組み合わせたサービスを提供しています。

■機能訓練型デイサービスとは

近年増えている機能訓練型デイサービスは介護保険上の「通所介護」にあたりますが、介護がメインではなく、機能訓練がメインです。理学療法士を配置していたり、整骨院や鍼灸院が運営しているのが特徴です。

機能訓練型デイサービスでは、日中の数時間、運動療法やリハビリに取り組みます。手すりのついたウォーキングマシンでの歩行訓練や、ストレッチなど、体力の向上や介護予防が目的としたプログラムを実施しています。

デイサービスで行われる機能訓練は、医師の事前指導や作業療法士、理学療法士、看護師などによる指導は必ずしも必要ではありません。しかし、機能訓練型デイサービスでは、機能訓練がメインであり、リハビリテーションには、看護師や作業療法士、理学療法士といった専門家によるサポートを受けることができます。

利用時間は3時間から4時間と、一般的なデイサービスよりも短め。短い時間で介護予防に重点を置いたトレーニングを積めるのが最大の魅力です。

 

デイサービス、デイケア、機能訓練型デイサービス、それぞれにメリット・デメリットや対象者の設定があります。

利用を希望する場合は、担当の医師やケアマネージャーに相談し、事業所をいくつか見学してから通所先を決めるようにしましょう。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら