お役立ちコラム

近年、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデジタル機器の普及に伴い、残されたデータに頭を悩ませる遺族が増えていることをご存知ですか?老弱男女問わずに多くの人々が日常的に使用しているデジタル機器には、膨大な量のデータが蓄積されています。今回は終活の一環として、データをどのように管理するべきかについて、ご紹介します。

■デジタル終活は必須の時代

家族団らん

「デジタル終活」というと、なんだかイメージがつかないという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、IT社会においては欠かせない終活であることを、まずは理解しておきましょう。パソコンやスマートフォンに残された写真やメールのレベルであれば、それほど重要視する必要もないかもしれません。しかし、最近はインターネットバンクやインターネット証券、保険などインターネットを介したさまざまなサービスや商品が登場しています。こうしたものを利用するためには、IDとパスワードは必須です。また、SNSなどにログインするためにもIDやパスワードは必要となります。こうしたインターネット上のデータを管理するためにも、デジタル終活で必要な情報をしっかりと管理しておくことが大切なのです。
IDとパスワードをきちんと管理しておくことは、自分のためだけではなく、自分に万が一のことがあった場合に遺された家族を助けるということを理解しておきましょう。

■クラウド管理はNG

「大切なデータはクラウドにあげておこう」と、とりあえず考える方も多いようですが、クラウド管理はおすすめしません。オンラインで管理するということは、インターネットに接続しているということになりますから、万が一事故が起こったときにそのデータが流出してしまう可能性が出てきます。

どうしても見られたくないデータや大切なデータに関しては、フォルダをロックしてパスワードをかけておきましょう。そうしておけば、万が一のときにも遺族に見られることはないでしょう。最近はデジタル遺品業者なるものも登場し、さまざまな手法で残されたデータを確認できるようになってきていますが、ロックをかけられたフォルダはプライバシーの問題もありますから、開示しないケースも多くあるようです。開示が必要なデータであれば、フォルダのパスワードを遺言に残しておきましょう。

■デジタル生前整理をしておこう

パスワードイメージ

自分に万が一のことが起こったときに残された家族が困らないようにするため、年に一度くらいのペースでデジタル生前整理をしておくことをおすすめします。

さまざまなサイトのログインに必要となるIDやパスワードをどこかに管理しておくことは必要な終活ですが、このときにパソコン上のテキストファイルなどで残しておくことはあまりおすすめしません。可能であれば、多少手間であってもメモを残して、例えば通帳などの中に挟んでおくようにしましょう。そうすれば、遺族もすぐに理解できます。

必要となりそうなIDやパスワードはそのように管理し、どうしても見られたくないファイルはファイルにパスワードをかけてロックしておきます。このくらいの整理なら、毎年しておけばそれほど時間をかけずに行えるでしょう。
SNSなどは「見られるのが恥ずかしい」という面もあるかもしれません。しかし、そのままにしておくと亡くなったことを知らない友人から「お誕生日おめでとう」といった書き込みがあり、それを見た遺族が悲しみを感じる事態に陥ってしまうこともあります。アカウントがわかっていれば遺族の手で事情を周知し、クローズすることも、そのまま残しておくことも可能です。遺族が選択できるように、必要となる情報は残しておくようにしましょう。

 

終活の一環として「デジタル終活」というものが登場する時代となりました。残された家族が悲しい思いをしないで済むように、そして困らなくていいように整理しておくことは、大切な終活です。きちんと取り組んでおくことをおすすめします。

あなぶきメディカルケア株式会社
取締役 小夫 直孝

2011年 4月 入社 事業推進部 配属 
2012年 4月 第2エリアマネージャー(中国・九州)
2012年11月 事業推進部 次長
2015年 4月 リビング事業部 部長 兼 事業推進部 部長
2017年 10月 執行役員 兼 事業推進部 部長 兼 リビング事業部 部長
2018年 10月 取締役 兼 事業本 部長 兼 事業推進部 部長

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・
資料請求はこちら